コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イオアニナ Ioánnina

2件 の用語解説(イオアニナの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

イオアニナ【Ioánnina】

ギリシア西部の町。ピンドス山中イオアニナ(パンボティス)湖の西岸に位置する。人口4万5000(1981)。近郊では牧畜と,穀物やタバコが生産され,町はまた銀細工でも知られる。町の名は11世紀に創設されたバプテスマのヨハネの名を冠した修道院に由来する。18世紀後半,オスマン帝国の地方官でありながら,たびたび本国に反抗してこの地方を独立国のごとく支配した英傑アリー・パシャ本拠地として栄えた。湖に突出した岬の上にかつての城砦がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イオアニナ
いおあにな
Ionnina

ギリシア北西部、エピルス地方北部のイオアニナ県の県都。ヨアニーナヤニナYannina, Janinaともよばれる。人口7万0203(2001)。エピルス地方のほぼ中央に位置する交易の中心地で、イオアニナ湖(古名パンボティスPanbotis湖)西岸にある。穀物、果樹、ぶどう酒の取引が行われるほか、織物、金属製品などが生産される。6世紀初頭に建設され、11世紀にノルマンの占領を経て、15世紀よりオスマン・トルコ帝国の支配下に入る。18世紀より19世紀初頭にかけて、ギリシア独立運動の先駆者であるアルバニア出身の土豪アリ・パシャの居住地となり、国際的商業都市として一時大いに繁栄した。1913年よりギリシア領。城塞(じょうさい)に囲まれバザールやモスクのある市街は、オリエント的な趣(おもむき)をもつ。[真下とも子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

イオアニナの関連キーワードカラスギリシアパルナソスフィリッポスアトス半島Ιωάννιναイオアニナ湖ペラマ洞窟テネドス島ピンドス種 (Pindos)

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

イオアニナの関連情報