コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イオニア諸島 イオニアしょとう Iónii Nísi

3件 の用語解説(イオニア諸島の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イオニア諸島
イオニアしょとう
Iónii Nísi

ギリシア西部,イオニア海にある島群。北から南に連なるケルキラ,パクシ,レフカス,イサキ,ケファリニア,ザキンソスの6島とそれらの周辺の小島から成る。ギリシアイタリアの間の戦略的要地に位置していたため,古くから外部の勢力の影響下におかれ,ギリシア,ローマビザンチンベネチアフランスロシアオスマン帝国イギリスなど領有が次々に変った。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

イオニア‐しょとう〔‐シヨタウ〕【イオニア諸島】

IoniaΙόνια》ギリシャ西端部、イオニア海北東部にある諸島。古くは「七つの島」を意味するヘプタネソスまたはヘプタネサと呼ばれた。ケルキラ島(コルフ島)、パクシ島、レフカダ島、ケファロニア島、イタキ島、ザキントス島、キティラ島などの主要7島をはじめ、多数の島嶼(とうしょ)からなる。古くから海上交易の拠点として栄え、14世紀から15世紀にかけてベネチア共和国領になり、ギリシャ語地域では唯一オスマン帝国に支配されなかった。18世紀にギリシャ独立の機運が高まり、フランス領、ロシア領、イギリス領を経て、1864年にギリシャに返還された。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イオニア諸島
いおにあしょとう
Inioi Nsoi

ギリシア西端部、イオニア海東端にある島群。英語名Ionian Islands。古称ヘプタネソスHeptanesos(「七つの島」の意)。面積2307平方キロメートル、人口19万3734(1991)。北よりケルキラ(コルフ)、パクシ、レフカス、ケファリニア、イサキ、ザキントス、キスイラの7島、および多数の小島からなり、全体で一行政区をなす。比較的雨量の多い地中海式農業地帯で、ブドウオリーブ、柑橘(かんきつ)類、果実類を豊富に産する。
 東西を結ぶ海上交通路上の要衝にあり、古代ギリシアの植民運動の時代にはケルキラとレフカスにコリントの植民市が設けられ、アテネも紀元前5~前4世紀の西方への航路確保のためザキントスを勢力下に置こうとした。13世紀のラテン帝国時代以来ベネチアの支配下に入り、ついでフランス領(1798)、ロシア領(1799)となった。一時島の自治を宣言したが、1807年ふたたびフランス領となり、ウィーン条約(1815)でイギリス領となった。1864年ゲオルギス1世のギリシア王位継承の条件としてギリシアに返還された。[真下とも子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

イオニア諸島の関連キーワードギリシャ文字Αγία ΜαρίναΙωάννιναΧανιάΚυδωνίαギリシャ十字ΤριάνταΓιάννιναΚερύνειαΑπάμεια

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone