コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イギリス・オランダ戦争 イギリスオランダせんそう

2件 の用語解説(イギリス・オランダ戦争の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

イギリス・オランダ戦争【イギリスオランダせんそう】

英蘭戦争

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イギリス・オランダ戦争
いぎりすおらんだせんそう

17世紀後半、3回にわたるイギリスオランダとの間の戦争。

第一次

(1652~1654)イギリス共和国政府による航海法の制定と、オランダ船への臨検捜査権の要求が原因となって起こった。ブレークRobert Blake(1599―1657)指揮のイギリス艦隊と、トロンプMaarten Harpertszoon Tromp(1597―1653)指揮のオランダ艦隊が勝敗を繰り返したすえ、講和条約で、オランダがアンボイナ事件の賠償をも含めて譲歩した。[松村 赳]

第二次

(1665~1667)1660年に王政に復したイギリスの航海法の更新、アフリカへの進出、ニュー・ネーデルラント(新大陸のオランダ植民地)占領などによって起こった。末期には、デ・ロイテルのオランダ艦隊がテムズ川河口近くの町チャタムを砲撃したこともあったが、全体的にはイギリスが優勢で、ブレダの和約により新大陸のニュー・アムステルダム(ニューヨークと改名)などを割譲させた。[松村 赳]

第三次

(1672~1674)フランス王ルイ14世によるオランダ戦争開始に伴うもので、1670年、同王とドーバー密約を結んでいたイギリス王チャールズ2世が約束に従って参戦した。海上の戦況はオランダ軍がやや優勢であったが、概して勝敗不分明に終わり、イギリス国内の反戦気運の高まりにより講和となった。
 この戦争で決定的な勝利はなかったが、概してイギリスのほうが優勢で以後オランダの海上権が衰えた。なおアメリカ独立革命時の両国の交戦を第四次とすることもある。[松村 赳]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のイギリス・オランダ戦争の言及

【英蘭戦争】より

…17世紀後半にイギリス・オランダ間で3度にわたって行われた海戦。当時両国間には北海の漁業や貿易・海運,植民地をめぐって深刻な対立が生じていたが,全盛期のオランダがイギリスを圧倒する勢いにあった。イギリスはクロムウェル政権の登場とともに,1651年有名な航海法(海運法)を布告して,全面的にオランダに反撃に出た。また市民革命により王位を追われたスチュアート家と,オランダの総督職にある名門オランイェ(オレンジ)家が,姻戚関係にあったことも両国間の政治的緊張の原因となっていた。…

※「イギリス・オランダ戦争」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone