コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イサウリア朝 イサウリアちょうIsauri; the Dynasty of Isaurus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イサウリア朝
イサウリアちょう
Isauri; the Dynasty of Isaurus

ビザンチン帝国の王朝 (717~802) 。ヘラクリウス朝滅亡後の混乱期から小アジア出身の軍人レオ3世によって創始された。コンスタンチヌス5世,レオ4世,コンスタンチヌス6世,女帝イレネの諸皇帝を数え,その出身地が大部分シリアであることからシリア朝ともいう。ウマイア朝サラセン軍の首都コンスタンチノープル攻略を最終的に撃退し,ヨーロッパ文化圏をイスラム勢力から防衛 (717~718) ,また『ユスチニアヌス法典』後初めての刑法,私法の集大成『エクロゲ』を編纂 (726) 。イスラム世界の影響下,聖画像破壊令を発布 (726) ,続くヒエリアの公会議 (754) において聖像崇拝の禁止令を発布し,その頂点をきわめ,ローマ教皇とも対立するにいたった。帝国のラベンナ総督領の喪失 (751) により,東西両教会分裂の傾向は一層強まった。聖画像破壊令は第7回ニカイア公会議 (787) で解かれたが,ブルガリア,アッバス朝との絶えざる戦闘,国内での経済的不振のうちに宮廷内のクーデターにより,女帝イレネは退位させられ王朝は滅びた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イサウリア朝
いさうりあちょう

ビザンティン帝国中期の王朝(717~802)。創始者レオン3世(在位717~741)の出生地、小アジアのイサウリアIsauriaにちなんでこうよばれる。またシリア朝ともいう。同帝の息子コンスタンティノス5世(在位741~775)、さらにその子レオン4世(在位775~780)とその妻にしてビザンティン史上初の女帝イレーネ(在位797~802)およびイレーネの息子コンスタンティノス6世(在位780~797)を輩出。対外的には、イスラム軍による首都コンスタンティノープル攻撃をよくしのぎ(717~718)、逆にイスラム軍を大破(740)、ブルガリアに対してもたびたび遠征を行った。だが、レオン3世が聖画像崇拝を禁止(730)したため、国内はイレーネによる禁止令解除(787)まで混乱した。イタリアではランゴバルド人の南下を防げず、ラベンナの総督領を手放し、結果的にはローマ教皇とフランク王国との提携を促進した。[和田 廣]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のイサウリア朝の言及

【レオ[3世]】より

…シリア出身の軍人で,ユスティニアヌス2世の護衛兵から出世し,アナスタシオス2世(在位713‐715)のときテマ・アナトリコンの長官に就任。テオドシウス3世の対立皇帝として立ち,これを排し即位(717)し,イサウリア朝(717‐802)を興す。その年ウマイヤ朝のカリフ,スライマーンの陸海にわたる首都攻撃を受け,1年に及ぶ包囲戦を耐え,ついにはアクロイノンの戦(740)でイスラムを大破した。…

※「イサウリア朝」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

イサウリア朝の関連キーワードイコノクラスムレオン(3世)レオ[3世]和田

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android