コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イシミカワ イシミカワ Persicaria perfoliata

3件 の用語解説(イシミカワの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イシミカワ
イシミカワ
Persicaria perfoliata

タデ科の一年草で,アジアの熱帯から温帯に広く分布する。普通,河原などの荒れ地に生え,下向きのとげをもつ茎をつる状に長く伸ばして広がる。葉は互生して楯状につき,緑白色,三角形で長さ2~4cm,幅3~5cm。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

イシミカワ

タデ科のつる性一年草。日本全土,東南アジアに分布し,野原にはえる。茎には下向きのとげがあって,他物をよじのぼり,長さ2m以上に達する。三角形の葉は裏側に柄がつき,互生。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イシミカワ
いしみかわ
[学]Polygonum perfoliatum L.

タデ科の一年草。茎は2メートル余に伸び、全草無毛で逆向きの刺(とげ)があり、他物に巻き付く。葉は互生し、三角形で先が鈍くとがり、薄質で緑白色、長さ3~6センチメートル、葉柄は長く逆向きの刺があり葉身に楯(たて)状につく。托葉(たくよう)も楯形。花は8~10月、短い穂状花序につき、小花柄は1.5ミリメートル、花被(かひ)は緑白色、長さ3ミリメートルで5中裂し、裂片は広楕円(こうだえん)形。痩果(そうか)は藍(あい)色、球形で径3ミリメートル。日本全土の畑や道端などの草地に生え、中国、マレーシア、インドなどに広く分布する。名の由来はよくわからないが、種皮が堅いことから石実皮であろうといわれる。[小林純子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のイシミカワの言及

【ミゾソバ】より

…とくに利用されることはないが,秋の野草として親しまれている。 近縁種に,鋭い逆刺をもつ茎葉で継子のしりをぬぐう草を意味するママコノシリヌグイP.senticosum (Meisn.) Fr.et Sav.や,イシミカワP.perfoliatum L.がある。いずれも人里の周辺に生える。…

※「イシミカワ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

イシミカワの関連キーワードスイカ(西瓜)タデ(蓼)トウガラシ(唐辛子)三日熱柳蓼大犬蓼大毛蓼花蓼春蓼ママコノシリヌグイ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone