コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イシミカワ Persicaria perfoliata

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イシミカワ
Persicaria perfoliata

タデ科の一年草で,アジアの熱帯から温帯に広く分布する。普通,河原などの荒れ地に生え,下向きとげをもつ茎をつる状に長く伸ばして広がる。葉は互生して楯状につき,緑白色,三角形で長さ2~4cm,幅3~5cm。茎とのつけ根には円形で葉状の托葉鞘がある。花は7~10月に開き,茎の先や上部の葉腋から短い柄を出して総状につく。花被は5裂し,緑白色,果期には瑠璃色になり,果実を包む。和名は大阪府の「石見川」の地名にちなんだものともいわれるが確かではない。同属のママコノシリヌグイ P.senticosumは本種に類似するが,托葉鞘が円腎形になる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

イシミカワ

タデ科のつる性一年草。日本全土,東南アジアに分布し,野原にはえる。茎には下向きのとげがあって,他物をよじのぼり,長さ2m以上に達する。三角形の葉は裏側に柄がつき,互生。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イシミカワ
いしみかわ
[学]Polygonum perfoliatum L.

タデ科の一年草。茎は2メートル余に伸び、全草無毛で逆向きの刺(とげ)があり、他物に巻き付く。葉は互生し、三角形で先が鈍くとがり、薄質で緑白色、長さ3~6センチメートル、葉柄は長く逆向きの刺があり葉身に楯(たて)状につく。托葉(たくよう)も楯形。花は8~10月、短い穂状花序につき、小花柄は1.5ミリメートル、花被(かひ)は緑白色、長さ3ミリメートルで5中裂し、裂片は広楕円(こうだえん)形。痩果(そうか)は藍(あい)色、球形で径3ミリメートル。日本全土の畑や道端などの草地に生え、中国、マレーシア、インドなどに広く分布する。名の由来はよくわからないが、種皮が堅いことから石実皮であろうといわれる。[小林純子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のイシミカワの言及

【ミゾソバ】より

…とくに利用されることはないが,秋の野草として親しまれている。 近縁種に,鋭い逆刺をもつ茎葉で継子のしりをぬぐう草を意味するママコノシリヌグイP.senticosum (Meisn.) Fr.et Sav.や,イシミカワP.perfoliatum L.がある。いずれも人里の周辺に生える。…

※「イシミカワ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

イシミカワの関連キーワード庚申の七色蜻蛉の頭蝦蟆面掻叉手草牛鼻貫蝦面掻牛額

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android