コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イジュ

百科事典マイペディアの解説

イジュ

ヒメツバキとも。ツバキ科の常緑高木。小笠原,南西諸島以南の熱帯〜亜熱帯に分布し,ときに高さ30mに達する。葉は互生し,楕円状披針形。花は3〜5月,枝先にまとまってつき,白色で5弁,径約5cm。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

イジュ【Schima wallichii (DC.) Korth.ssp.noronhae (Reinw.) Blöm.】

ツバキ科ヒメツバキ属の常緑小高木で,種子が扁平で,縁に翼をもつことからツバキ属から区別される(イラスト)。4~5月に開花する。樹高は時に30mに達する。若枝は初め密絹毛があるが,すぐ無毛となる。葉は互生,有柄で主に長楕円形,花は枝の先の葉腋(ようえき)に単生する。花には長さ1.5~3cmの柄があり,三角形で早く落ちる小苞と内面に絹毛を密生した腎円形の萼片がある。花冠は直径4~5cm,花弁は5枚,倒卵形で内にくぼみ,基部外面に絹毛がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イジュ

ヒメツバキ(姫椿)」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イジュ
いじゅ
[学]Schima wallichii Korth. subsp. liukiuensis (Nakai) Bloemb.

ツバキ科の常緑高木。葉は枝端に束生して互生、革質で長楕円(ちょうだえん)形、長さ7~15センチメートル、縁(へり)は鈍鋸歯(どんきょし)ないし波状。花は枝端の葉腋(ようえき)に単生し白色、径約3センチメートル、花弁は5枚。果実は扁球(へんきゅう)形で木質、径約2センチメートル。比較的陽地に生え、二次林に多い。材は耐蟻(たいぎ)性があり、高倉の柱に利用。樹皮はサポニンを含み魚毒に使う。沖縄に固有の種で、初夏の山野に白く咲く花は清楚(せいそ)で、琉歌(りゅうか)にもよく詠まれている。小笠原(おがさわら)諸島のヒメツバキはごく近縁のものである。[島袋敬一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

イジュの関連キーワードラヴェル:夜のガスパール/piano soloサラソウジュ(沙羅双樹)島根県飯石郡飯南町赤名ボダイジュ(菩提樹)杵屋 栄蔵(4代目)マヨン火山国立公園テンジクボダイジュイジュティハードソリュートレ文化インドボダイジュシャーフィイー派ウイジュ(義州)オールスパイスリンデンバウムマトリョーシカテクシ(鉄失)ラック貝殻虫ベンジャミンロンジュメルインド菩提樹

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

イジュの関連情報