コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イソプレンゴム イソプレンゴムisoprene rubber

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イソプレンゴム
isoprene rubber

略称 IR。合成天然ゴムともいう。イソプレン重合によって得られる合成ゴムの一種。天然ゴムの化学的成分はイソプレンの重合体で,IRはイソプレンを溶液重合法によって合成したものであるから,化学構造は天然ゴムとよく似ており,天然ゴムの代用品として使われる。性質も天然ゴムに類似するが,耐熱老化性,安定性などはすぐれている反面,加硫速度はやや劣る。 1954年アメリカのグッドリッチ社,55年アメリカのファイヤストーン社,グッドイヤー社などが相次いで発表,工業生産を開始した。日本でも日本合成ゴム (現 JSR) ,日本ゼオンなどが企業化したのに続いて各社が生産している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

イソプレンゴム

略称IR。イソプレンを重合させて得られる合成ゴム。1950年代から合成技術の進展により出現。天然ゴムと構造,組成ともほとんど同一で,天然ゴムに比べて品質も一定している。
→関連項目イソプレン合成ゴムステレオゴム

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

イソプレンゴム【isoprene rubber】

略称IR。イソプレンを重合させて得られる合成ゴム。合成ゴムの中で最も天然ゴムに近い分子構造をもった汎用合成ゴムである。天然ゴムはほぼ純粋なシス‐1,4結合のポリイソプレンである。イソプレンを重合させて天然ゴムと同じ構造のゴムを合成することは長い間,化学者の夢であったが,初期に得られたものは天然ゴムとはまったくかけ離れたものであった。1950年代になり,立体規則性重合の展開によりシス‐1,4結合を90%以上含む高シス‐1,4ポリイソプレンの合成が可能となったことから〈合成天然ゴム〉の出現として注目され,これらは順次イソプレンゴムとして工業生産に移された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イソプレンゴム
いそぷれんごむ
isoprene rubber

イソプレンの重合体。ASTM(アメリカ材料試験協会)の規格による略称はIR。一般にはシス-1,4結合が94%以上の立体規則性ポリイソプレンである。

ステレオゴム、また天然ゴムと同じ化学構造をもつので、合成天然ゴムともよばれた。ツィーグラー(チーグラー)系触媒やアルキルリチウム触媒によるイソプレンの溶液重合で製造され、シス-1,4結合が98%のポリイソプレンまで得られている。特性は天然ゴムに類似し、硫黄(いおう)や過酸化物により加硫される。品質がより均一で色も淡い。生ゴムの粘度を調整して加工性をよくすることが可能である。加硫ゴムは天然ゴムに比べて伸びや亀裂(きれつ)発生に対する抵抗性が大きく、発熱が少なく、耐摩粍性、耐老化性、電気特性などがよい。天然ゴムと同様の用途に使用できるが、天然ゴムに比較して高価であり、トラック、バス、航空機などの重負荷タイヤ性能が劣るため需要が伸びていない。質的には汎用(はんよう)ゴムであるが、量的には特殊ゴムの範囲に入る。[福田和吉]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

イソプレンゴムの関連情報