コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イソメラーゼ イソメラーゼ isomerase

4件 の用語解説(イソメラーゼの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イソメラーゼ
イソメラーゼ
isomerase

異性化酵素と訳す。異性化反応を触媒する酵素の総称で,国際生化学連合の酵素委員会が決めた酵素分類の主群の一つ。この種の酵素反応では反応の前後で,分子中の原子の組換えのみがあり,原子の出入りはない。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

イソメラーゼ(isomerase)

異性化酵素

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典の解説

イソメラーゼ

 異性化酵素ともいう.化合物を異性体にする酵素の総称.多くの反応の種類がある.例えば,ラセミ化する酵素であるラセマーゼアルドースケトースにする酵素であるイソメラーゼ(例えばグルコースフルクトースに変えるグルコースイソメラーゼ)など.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イソメラーゼ
いそめらーぜ
isomerase

生体分子を異性体に転換させる反応を触媒する一群の酵素の総称。異性化酵素ともいう。たとえばアミノ酸の一つであるアラニンには、D-アラニンとL-アラニンの二つの光学異性体が存在するが、アラニンラセマーゼというイソメラーゼはD型をL型に、またはその逆にL型をD型へ変える反応を触媒する。
 1961年に国際生化学連合(現在は国際生化学・分子生物学連合)が提案した酵素の分類命名法で、イソメラーゼは第5類に分類され、さらにこれを反応様式の違いによって次の5種類に分けている。
(1)基質分子中の1個の不斉炭素に結合した官能基の立体配位を転換させるもの。ラセマーゼやエピメラーゼのほか、前述のアラニンラセマーゼも含まれる。
(2)二重結合を含む基質の幾何異性体のシス、トランス相互変換を行うもの。たとえばマレイン酸イソメラーゼは、マレイン酸とフマル酸を相互変換する。
(3)基質が分子内の酸化還元を伴って異性化するもの。トリオースリン酸イソメラーゼはこれに含まれる。
(4)基質分子内でアシル基、アミノ基、リン酸基などの基を他の部位へ移すもの。ムターゼとよばれる。たとえばフォスフォグリセリン酸ムターゼは、グリセリンの2位のヒドロキシ基に結合したリン酸基を3位へ移す。
(5)基質分子内で脱離反応と付加反応を行うもの。ミオイノシトール-1-リン酸シンターゼがこれに含まれる。[笠井献一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のイソメラーゼの言及

【異性化酵素】より

…イソメラーゼともいう。アミノ酸,糖,その他の有機化合物のラセミ化,エピ化などの反応を触媒する酵素の総称である。…

※「イソメラーゼ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

イソメラーゼの関連キーワード異性体光異性化光学異性体異性化酵素幾何異性体構造異性体立体異性体シス-トランス異性体ラセマーゼラセミ化合物

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

イソメラーゼの関連情報