コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イソメラーゼ isomerase

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イソメラーゼ
isomerase

異性化酵素と訳す。異性化反応を触媒する酵素の総称で,国際生化学連合の酵素委員会が決めた酵素分類の主群の一つ。この種の酵素反応では反応の前後で,分子中の原子の組換えのみがあり,原子の出入りはない。 (1) 光学的異性化反応の例は,D-乳酸 ⇔ L-乳酸を行うラセミアーゼ。 (2) 糖の炭素原子につくH と OH の反転 (エピ化) を触媒するエピメラーゼの例は,D-リブロース-5-リン酸 ⇔ D-キシルロース-5-リン酸-3-エピメラーゼ。 (3) 原子または原子団の分子内転位を触媒する例は,ブドウ糖-6-リン酸と果糖-6-リン酸の転換を促す六炭糖リン酸イソメラーゼなど。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イソメラーゼ
いそめらーぜ
isomerase

生体分子を異性体に転換させる反応を触媒する一群の酵素の総称。異性化酵素ともいう。たとえばアミノ酸の一つであるアラニンには、D-アラニンとL-アラニンの二つの光学異性体が存在するが、アラニンラセマーゼというイソメラーゼはD型をL型に、またはその逆にL型をD型へ変える反応を触媒する。
 1961年に国際生化学連合(現在は国際生化学・分子生物学連合)が提案した酵素の分類命名法で、イソメラーゼは第5類に分類され、さらにこれを反応様式の違いによって次の5種類に分けている。
(1)基質分子中の1個の不斉炭素に結合した官能基の立体配位を転換させるもの。ラセマーゼやエピメラーゼのほか、前述のアラニンラセマーゼも含まれる。
(2)二重結合を含む基質の幾何異性体のシス、トランス相互変換を行うもの。たとえばマレイン酸イソメラーゼは、マレイン酸とフマル酸を相互変換する。
(3)基質が分子内の酸化還元を伴って異性化するもの。トリオースリン酸イソメラーゼはこれに含まれる。
(4)基質分子内でアシル基、アミノ基、リン酸基などの基を他の部位へ移すもの。ムターゼとよばれる。たとえばフォスフォグリセリン酸ムターゼは、グリセリンの2位のヒドロキシ基に結合したリン酸基を3位へ移す。
(5)基質分子内で脱離反応と付加反応を行うもの。ミオイノシトール-1-リン酸シンターゼがこれに含まれる。[笠井献一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のイソメラーゼの言及

【異性化酵素】より

…イソメラーゼともいう。アミノ酸,糖,その他の有機化合物のラセミ化,エピ化などの反応を触媒する酵素の総称である。…

※「イソメラーゼ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

イソメラーゼの関連キーワードグルコースリン酸イソメラーゼ高フルクトースコーンシロップホスホグルコースイソメラーゼシスデンプン糖(澱粉糖)ペントースリン酸回路トポイソメラーゼ固定化酵素異性化糖酵素番号

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android