コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イタイプダム イタイプダムItaipú Dam

1件 の用語解説(イタイプダムの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イタイプダム
Itaipú Dam

パラグアイシウダーデルエステ北部,ブラジルパラグアイの国境を流れるパラナ川上流にある中空重力ダム(→重力ダム)。水力発電用ダムとして世界有数の出力をもち,ダム直下の発電所に設置された 18基の巨大タービン発電機による発電出力は 1万2600MWに上る。パラグアイとブラジル共同事業で建設され,複数のダムと放水路がパラナ川上流 8kmにわたって弧を描きながら伸びている。ダム本体は 1975~82年に建設され,高さは 196mで,巨大なコンクリートを接合してつくられ,中部には空洞がある。上流側の壁は二つのバットレス(控壁)によって支えられ,下流側は巨大なコンクリート壁になっている。中空重力ダムとしては世界最大級で,貯水池は北側約 160kmにわたって延び,かつては壮大な景観を誇ったグアイラ滝も完全に水没した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone