イッソスの戦い(読み)イッソスのたたかい(英語表記)Battle of Issos

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イッソスの戦い
イッソスのたたかい
Battle of Issos

前 333年 11月,マケドニアアレクサンドロス3世 (大王)アケメネス朝ペルシアダレイオス3世の間に,現トルコのイスケンデルン湾沿岸のイッソス平原で行われた戦い。大王は巧みな用兵大勝利を得,小アジアを確保し,アジア遠征を容易にした。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

イッソス‐の‐たたかい〔‐たたかひ〕【イッソスの戦い】

前333年、アレクサンドロス大王がシリア北西部のイッソス(Issos)で、ダレイオス3世のペルシア軍を破った戦い。この勝利によって、大王の小アジア征服が決定的なものとなった。
[補説]作品名別項。→イッソスの戦い

イッソスのたたかい【イッソスの戦い】[絵画]

《原題、〈ドイツ〉Schlacht bei Issusアルトドルファーの絵画。板に油彩。縦158センチ、横120センチ。アレクサンドロス大王がペルシア軍を破ったイッソスの戦いを描く。数千もの馬や兵を緻密に描き込んだ作品であり、アルトドルファーの代表作とされる。ミュンヘン、アルテピナコテーク所蔵。アレクサンドロス大王の戦いアレキサンダー大王の戦い

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

イッソスのたたかい【イッソスの戦い】

紀元前333年、アレクサンドロス大王がシリアのイッソス(Issos)においてダレイオス三世のペルシャ軍を破った戦い。これを機に、大王の小アジア支配が確立。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イッソスの戦い
いっそすのたたかい

マケドニアのアレクサンドロス大王が紀元前333年11月、ペルシアのダリウス3世と初めて直接相まみえ、その大軍を撃破した戦い。結果は将来の帰趨(きすう)を決定した。ダリウスは敗走し、王母、王妃、王子、王女たちが捕虜となった。ダリウスは和議を提案したが、アレクサンドロスにより一蹴(いっしゅう)された。イッソスIssosは小アジア半島の南東付け根の位置にあった古地名。ナポリ博物館蔵の有名なモザイク大壁画(1831年ポンペイ出土)は、この戦闘の光景を描いたものといわれる。また、ドイツの画家アルトドルファーの同名の作品も有名。[金澤良樹]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

GAFA

グーグル(Google)、アップル(Apple)、フェースブック(Facebook)、アマゾン(Amazon)の4社のこと。頭文字を取って称される。いずれも米国を代表するIT企業であり、4社は世界時価...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android