イッソスの戦い(読み)イッソスのたたかい(英語表記)Battle of Issos

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イッソスの戦い
イッソスのたたかい
Battle of Issos

前 333年 11月,マケドニアアレクサンドロス3世 (大王) とアケメネス朝ペルシアのダレイオス3世の間に,現トルコのイスケンデルン湾沿岸のイッソス平原で行われた戦い。大王は巧みな用兵大勝利を得,小アジアを確保し,アジア遠征を容易にした。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

イッソスのたたかい【イッソスの戦い】

紀元前333年、アレクサンドロス大王がシリアのイッソス(Issos)においてダレイオス三世のペルシャ軍を破った戦い。これを機に、大王の小アジア支配が確立。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イッソスの戦い
いっそすのたたかい

マケドニアのアレクサンドロス大王が紀元前333年11月、ペルシアのダリウス3世と初めて直接相まみえ、その大軍を撃破した戦い。結果は将来の帰趨(きすう)を決定した。ダリウスは敗走し、王母、王妃、王子、王女たちが捕虜となった。ダリウスは和議を提案したが、アレクサンドロスにより一蹴(いっしゅう)された。イッソスIssosは小アジア半島の南東付け根の位置にあった古地名。ナポリ博物館蔵の有名なモザイク大壁画(1831年ポンペイ出土)は、この戦闘の光景を描いたものといわれる。また、ドイツの画家アルトドルファーの同名の作品も有名。[金澤良樹]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android