コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イッソスの戦い イッソスのたたかいBattle of Issos

4件 の用語解説(イッソスの戦いの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イッソスの戦い
イッソスのたたかい
Battle of Issos

前 333年 11月,マケドニアアレクサンドロス3世 (大王) アケメネス朝ペルシアダレイオス3世の間に,現トルコのイスケンデルン湾沿岸のイッソス平原で行われた戦い。大王は巧みな用兵で大勝利を得,小アジアを確保し,アジア遠征を容易にした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

イッソス‐の‐たたかい〔‐たたかひ〕【イッソスの戦い】

前333年、アレクサンドロス大王がシリア北西部のイッソス(Issos)で、ダレイオス3世ペルシア軍を破った戦い。この勝利によって、大王の小アジア征服が決定的なものとなった。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

イッソスのたたかい【イッソスの戦い】

紀元前333年、アレクサンドロス大王がシリアのイッソス(Issos)においてダレイオス三世のペルシャ軍を破った戦い。これを機に、大王の小アジア支配が確立。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イッソスの戦い
いっそすのたたかい

マケドニアのアレクサンドロス大王紀元前333年11月、ペルシアのダリウス3世と初めて直接相まみえ、その大軍を撃破した戦い。結果は将来の帰趨(きすう)を決定した。ダリウスは敗走し、王母、王妃、王子、王女たちが捕虜となった。ダリウスは和議を提案したが、アレクサンドロスにより一蹴(いっしゅう)された。イッソスIssosは小アジア半島の南東付け根の位置にあった古地名。ナポリ博物館蔵の有名なモザイク大壁画(1831年ポンペイ出土)は、この戦闘の光景を描いたものといわれる。また、ドイツの画家アルトドルファーの同名の作品も有名。[金澤良樹]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

イッソスの戦いの関連キーワード石勒前田友理香あだちあさみメッツ知念永尾宗大レオンホタテーズベティメルヘン須長

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone