コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イッポンシメジ

2件 の用語解説(イッポンシメジの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

イッポンシメジ

シメジ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イッポンシメジ
いっぽんしめじ / 一本占地
[学]Rhodophyllus sinuatus (Fr.) Sing.

担子菌類、マツタケ目イッポンシメジ科の毒キノコ。傘は5~15センチメートル、表面は淡い黄色ないしは灰白色。ひだは幅広く、初めは白、のちに淡桃色となる。ひだの縁は波形。茎は白く、縦に裂ける。胞子は五角形六角形で、胞子紋は淡桃色ないしは淡い肉色。秋、雑木林の地上に生え、国内での分布は広い。イッポンシメジはこの科の代表種だが、日本では近縁のクサウラベニタケのほうが普通で、これによる中毒が多い。両菌とも中毒症状としては、激しい下痢と嘔吐(おうと)を伴うが、致命的な毒性はない。両種間の区別はむずかしいが、実用的には区別する必要はない。むしろ問題になるのは、優れた食用菌であるウラベニホテイシメジR. crassipes (Imaz. et Toki) Imaz. et Hongoとの区別である。これらの毒菌、食菌は同じ雑木林に同時に発生するので注意を要する。ウラベニホテイシメジは茎が太く肉は締まり、全体に厚肉大形。傘の表面の色はイッポンシメジと似ているが、微細な絣(かすり)模様があり、見慣れた人では容易に区別できるが初歩の人にはむずかしい。したがって傘を裏返し、ひだが「すこしでも桃色を帯びているキノコは食べない」という注意が必要である。なお、ウラベニホテイシメジをイッポンシメジとよぶ地方が多いから、呼び名にとらわれない配慮も必要である。[今関六也]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone