コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イトカワ/糸川 イトカワ

デジタル大辞泉の解説

いと‐かわ〔‐かは〕【イトカワ/糸川】

地球から約3億キロ離れた距離に位置する、太陽系小惑星長径約540メートルで、海面に浮かぶラッコのような形。平成17年(2005)に日本の小惑星探査機はやぶさが到達。岩石質の微粒子を採取して帰還した。
[補説]名称は「日本のロケット開発の父」とよばれる工学者糸川英夫に由来。1998年に米国マサチューセッツ工科大の研究チームによって発見されたが、はやぶさの探査対象となったことから、宇宙科学研究所が発見者に依頼し、2003年にイトカワと命名された。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イトカワ
いとかわ
Itokawa

太陽系の小惑星。アメリカ・マサチューセッツ工科大学リンカーン研究所の地球近傍小惑星探査チームにより1998年9月に発見された。地球に近づく軌道をもつ地球近傍小惑星の一つ。地球と火星の公転軌道を横切るように軌道をとる。小惑星番号は25143。小惑星探査機「はやぶさ」の探査対象。名称は日本の航空工学者糸川英夫(いとかわひでお)にちなむ。
 2005年(平成17)、イトカワに接近・着陸(着地)した「はやぶさ」による観測により、ほぼ540メートル×270メートル×210メートルの楕円体であることが判明した。比重は1立方センチメートル当り1.9グラムと、地球の比重(1立方センチメートル当り5.5グラム)に比べて非常に小さいことがわかった。このことから、イトカワ内部はかなり隙間(すきま)のある構造と推測される。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

イトカワ/糸川の関連キーワードはやぶさ(小惑星探査機)小惑星探査機はやぶさラブルパイル小惑星彗星・小惑星探査機イオンエンジン糸川英夫博士スイングバイはやぶさ2宇宙探査機リュウグウ科学衛星アポロ群宇宙風化補説

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android