コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イトカワ/糸川 イトカワ

2件 の用語解説(イトカワ/糸川の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

いと‐かわ〔‐かは〕【イトカワ/糸川】

地球から約3億キロ離れた距離に位置する、太陽系小惑星。長径約540メートルで、海面に浮かぶラッコのような形。平成17年(2005)に日本の小惑星探査機はやぶさが到達。岩石質の微粒子を採取して帰還した。
[補説]名称は「日本のロケット開発の父」とよばれる工学者糸川英夫に由来。1998年に米国マサチューセッツ工科大の研究チームによって発見されたが、はやぶさの探査対象となったことから、宇宙科学研究所が発見者に依頼し、2003年にイトカワと命名された。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イトカワ
いとかわ
Itokawa

太陽系の小惑星アメリカ・マサチューセッツ工科大学リンカーン研究所の地球近傍小惑星探査チームにより1998年9月に発見された。地球に近づく軌道をもつ地球近傍小惑星の一つ。地球と火星の公転軌道を横切るように軌道をとる。小惑星番号は25143。小惑星探査機「はやぶさ」の探査対象。名称は日本の航空工学者糸川英夫(いとかわひでお)にちなむ。
 2005年(平成17)、イトカワに接近・着陸(着地)した「はやぶさ」による観測により、ほぼ540メートル×270メートル×210メートルの楕円体であることが判明した。比重は1立方センチメートル当り1.9グラムと、地球の比重(1立方センチメートル当り5.5グラム)に比べて非常に小さいことがわかった。このことから、イトカワ内部はかなり隙間(すきま)のある構造と推測される。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

イトカワ/糸川の関連キーワード飯舘村サフランボルスーパーアース(巨大地球型惑星)キロ程運賃ストンネソ東京外郭環状道路小惑星探査機はやぶさ偏心距離

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone