コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イトトンボ イトトンボ damselfly

翻訳|damselfly

3件 の用語解説(イトトンボの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イトトンボ
イトトンボ
damselfly

トンボ目イトトンボAgrionidaeに属する昆虫の総称であるが,モノサシトンボ科 Platycnemididae,アオイトトンボ科 Lestidae,ヤマイトトンボ科 Megapodagrionidaeなども含めた種の総称として用いられることが多い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

イトトンボ

トウスミトンボとも。イトトンボ科およびその近似の科に属する昆虫の総称。日本ではイトトンボ科,ヤマイトトンボ科,アオイトトンボ科など7科50余種を産する。小型のトンボで細長く,前後翅はほぼ同形,基部は柄状にくびれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イトトンボ
いととんぼ / 糸蜻蛉

昆虫綱トンボ目イトトンボ科Agrionidaeのトンボ類をさすが、広義には均翅(きんし)亜目のカワトンボ群を除いた小形で細身のアオイトトンボ科やモノサシトンボ科なども含んだ総称。この類は俗にトウスミトンボともよばれる。日本には27種が知られ、最小のヒメイトトンボ(体長約20ミリメートル)から最大の種類(体長約45ミリメートル)まであり、いずれも池沼、湿地、水田などの停水域に生息する。幼虫は細長く、尾端に3個の尾鰓(びさい)をもち、それによって水中でえら呼吸を行う。大多数の種類は1年1世代であるが、南日本では普通にみられる種は2世代を経る。雄の成熟虫は水面をすれすれに飛翔(ひしょう)するものが多く、ここで飛びながら交尾をし、雌は水面直下の植物体に産卵を行う。コフキヒメイトトンボは南西諸島および九州、四国と山口県の低地に分布する熱帯種である。ヒヌマイトトンボは、塩分を含んだ本州の大河の下流部や汽水湖などで発見された特産種。カラカネイトトンボは、北海道、東北地方および尾瀬ヶ原(おぜがはら)の湿原だけにみられる。エゾイトトンボ、キタイトトンボは北方の高地種で、東部シベリアと共通種である。キイトトンボ、ベニイトトンボ、モートンイトトンボは、本州以南にみられる平地種で、中国中部にも分布する。イトトンボ科のうちもっとも普通種としては、アジアイトトンボ、クロイトトンボ、アオモンイトトンボなどで、アジアイトトンボは海洋上を移動することも知られている。また、南方系のホソミイトトンボは、成虫体で越冬する日本では本科唯一の種類である。[朝比奈正二郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

イトトンボの関連キーワード青糸蜻蛉黄蜻蛉早苗蜻蛉昔蜻蛉糸蜻蛉川蜻蛉ヒヌマイトトンボミヤジマトンボ赤トンボイトトンボ(糸蜻蛉)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

イトトンボの関連情報