コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イヌナズナ Draba nemorosa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イヌナズナ
Draba nemorosa

アブラナ科の越年草。各地の山野や畑などに普通に生える。は高さ 15~30cmとなり基部近くで分枝する。根生葉ロゼットをつくり,長さ 3cmほどの楕円形,浅い鋸歯がある。葉,茎に星状毛が多い。春,茎頂に多数の黄色の小さな十字花総状花序をなして咲く。ナズナに似ているが,食用にならないところからこの名がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

イヌナズナ【Draba nemorosa L.】

畑や空地に生えるアブラナ科の小型の越年草(イラスト)。茎は高さ15~30cm,基部から分枝する。根生葉は楕円形でロゼットを作り,茎に出る葉は卵形で不ぞろいな小型の鋸歯があり,茎とともに星状に分枝した毛がある。花は4~5月ごろ茎の上部に多数つき,小型でナズナに似るが黄色である。果実はやや扁平な長楕円形で長さ6~8mm,10~14mmの長い柄がある。北半球に広く分布する。 イヌナズナ属Drabaはアフリカ南部を除く全世界に分布し,300種近い種類がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イヌナズナ
いぬなずな / 犬薺
[学]Draba nemorosa L.

アブラナ科の二年草。茎は直立または根際から分枝し、高さ10~30センチメートル、全株に星状毛がある。根出葉はへら状楕円(だえん)形で長さ2~4センチメートル、幅8~15ミリメートル、不ぞろいの鋸歯(きょし)があり、ほとんど無柄。茎葉は長さ1~3センチメートル、総状花序に黄色の4弁花をつける。花弁は長さ2.5ミリメートルで広いへら形、先端は2裂し下部につめがある。萼片(がくへん)は楕円形で長さ1.5~2ミリメートル、雄しべ6本中4本は長い。果実は線状楕円形で扁平(へんぺい)、長さ6~8ミリメートル、細毛を密生し、果柄より短い。種子は広楕円形で長さ0.4ミリメートル。若苗を食用にし、種子を漢方薬として用いる。畑、川の土手など日当りのよい所に生える。この属は世界に300種、日本に約10種あり、日本全土、北半球の温帯に広く分布する。[小林純子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

イヌナズナの関連キーワードアラビドプシスマイクロRNAABCモデルストマジェンモデル生物分子生物学長日植物浜介子雛巾着雀巾着犬蓬

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android