コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イノシット

百科事典マイペディアの解説

イノシット

イノシトールともいう。分子式C6H12O6で環状の6価アルコール。多くの立体異性体があるが,重要なものはミオイノシット(メソイノシットとも)で,植物では遊離またはリン酸エステルの形で含まれ,動物では筋肉などに遊離して存在するほか,イノシットリン脂質のかたちで存在する。多くの微生物の発育を促進。医薬として動脈硬化・脂肪肝予防に1日0.5〜2g,治療に1日3g以上を内服する。(図)

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

イノシット【inosit】

イノシトールinositolとも呼ぶ。1871年にJ.F.vonリービヒにより,酵母などの発育促進因子としてその存在が予想され,20世紀に入り,その実体がシクロヘキサンヘキサオールであることがわかった。ビタミンB2群の一員で,欠乏によって脱毛などが起こる。また過コレステロール症に対する医薬品としても用いられる。9種の立体異性体が理論的に可能であるが,天然にはミオイノシット(ミオイノシトール)など4種が確認されているだけである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android