コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イビサ島 イビサとう Ibiza

3件 の用語解説(イビサ島の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イビサ島
イビサとう
Ibiza

スペイン東方,地中海に浮かぶバレアレス諸島の島。スペインバレアレス自治州バレアレス県に属する。主島マヨルカ島の南西 80km,スペイン本土から約 90kmに位置。島の南にはフォルメンテラ島があり,イビサ島とともにバレアレス諸島の西グループを形成する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

イビサ‐とう〔‐タウ〕【イビサ島】

Ibiza》スペイン東部、西地中海のバレアレス諸島にある島。紀元前10世紀にフェニキア人が海上貿易の拠点にして以来、カルタゴローマ帝国東ローマ帝国などの支配をうけてきたため、各時代の文化遺産が多く残る。周辺の海では、珊瑚礁(さんごしょう)をはじめとする海中生物が多数生育し、豊かな生態系を築いている。1999年に「イビサ生物多様性と文化」として世界遺産複合遺産)に登録された。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イビサ島
いびさとう
Ibiza

地中海西部、スペイン領バレアレス諸島の一島。カルタゴ古名イボシムIbosim。面積572平方キロメートル、人口8万8076(2001)。アーモンド、柑橘(かんきつ)類などの農業のほか、伝統的製塩が南部で行われ輸出されている。松の多い美しい島で、中心都市イビサには教会や古城があり、ローマ、フェニキア、カルタゴなどの遺跡も多く観光客や芸術家がよく訪れる。[田辺 裕・滝沢由美子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

イビサ島の関連キーワードメノルカ島イビサスペイン村ペニスコラ地中海のための連合スペイン領サハラ組曲「スペイン」マリョルカ[島]モロッコのスペイン領パルマ・デ・マリョルカ

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

イビサ島の関連情報