コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イビサ島 イビサとうIbiza

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イビサ島
イビサとう
Ibiza

スペイン東方,地中海に浮かぶバレアレス諸島の島。スペインのバレアレス自治州,バレアレス県に属する。主島マヨルカ島の南西 80km,スペイン本土から約 90kmに位置。島の南にはフォルメンテラ島があり,イビサ島とともにバレアレス諸島の西グループを形成する。北東-南西の最長部 40km,南北 20km。最高点は標高 339m。主産物はオリーブ油,トウモロコシ,果実 (イチジク,アーモンドなど) ,塩で,そのほかアサ (麻) も栽培される。南東海岸に面した中心集落のイビサは要塞をもった良港で,果実,塩,木炭,鉛,ストッキングを輸出し,米,小麦粉,砂糖,羊毛,綿製品を輸入する。フェニキアカルタゴ時代の遺跡が残り,要塞,沿岸の地中海性植物相とともに,1999年世界遺産の文化,自然の複合遺産に登録された。面積 572km2。人口6万 937 (1981) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

イビサ‐とう〔‐タウ〕【イビサ島】

Ibiza》スペイン東部、西地中海のバレアレス諸島にある島。紀元前10世紀にフェニキア人が海上貿易の拠点にして以来、カルタゴローマ帝国東ローマ帝国などの支配をうけてきたため、各時代の文化遺産が多く残る。周辺の海では、珊瑚礁(さんごしょう)をはじめとする海中生物が多数生育し、豊かな生態系を築いている。1999年に「イビサ、生物多様性と文化」として世界遺産(複合遺産)に登録された。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イビサ島
いびさとう
Ibiza

地中海西部、スペイン領バレアレス諸島の一島。カルタゴ古名イボシムIbosim。面積572平方キロメートル、人口8万8076(2001)。アーモンド、柑橘(かんきつ)類などの農業のほか、伝統的製塩が南部で行われ輸出されている。松の多い美しい島で、中心都市イビサには教会や古城があり、ローマ、フェニキア、カルタゴなどの遺跡も多く観光客や芸術家がよく訪れる。[田辺 裕・滝沢由美子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

イビサ島の関連キーワードセカンド・サマー・オブ・ラブDJHETOLDMEバレアレス海Ibizaダルトビラ生物多様性木村泰子

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

イビサ島の関連情報