コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イブキジャコウソウ

百科事典マイペディアの解説

イブキジャコウソウ

シソ科の小低木。北海道〜九州の日当りのよい山地にはえる。は地上をはい,高さ5〜15cmの枝を立てる。葉は対生し,長楕円形で長さ5〜10mm。6〜7月に茎の上に短い穂をつけ,長さ5〜8mmの淡紅色の唇形(しんけい)花を開く。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

イブキジャコウソウ【Thymus serpyllum L.ssp. quinquecostatus (Čelak.) Kitam.】

日当りのよい山の岩場や石灰岩地,時に海岸などに生えるシソ科多年草イラスト)。茎は細く,ややつる状に張って節から根を出す。葉は狭卵形で長さ5~10mm,対生して先は円く,両面に小さい分泌腺が点在し,ふれると香気がある。夏から秋,枝の先に短い穂を作って,淡紅紫色の小型の花を多数つける。は紫色を帯びることが多く,唇形でのどの部分に白毛が密生する。花冠は長さ7~8mmのものと,5~6mmのものと,株によって2型ある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イブキジャコウソウ
いぶきじゃこうそう / 伊吹麝香草
[学]Thymus serpyllum L. subsp. quinquecostatus (Celak.) Kitamura

シソ科の草状小低木。日当りのよい山の岩場や草地、石灰岩地帯に多く、まれに海岸近くにも生える。茎は地表をはって所々に根を出し、枝は斜め上に伸び、高さ3~15センチメートル。葉はごく短い柄があり、対生し、卵形もしくは長楕円(ちょうだえん)形で全縁、長さ5~10ミリメートル。2~3対の羽状脈があり、両面に腺点(せんてん)がある。6~7月、枝先に短い花穂をつくり、淡紅紫色で小形の唇形花を密に数段つける。萼(がく)は5裂し二唇形、内面喉部(こうぶ)に白毛が多い。花冠は7~8ミリメートル。日本、中国、ヒマラヤに分布する。全体にチモールを含みよい香りがあり、伊吹山(滋賀県)に多いのでこの名がある。山草として鉢植えにしたり、薬用とすることもある。イブキジャコウソウ属は約35種あり、アジア、アフリカ、ヨーロッパに分布する。[村田 源]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

イブキジャコウソウの関連キーワードタチジャコウソウ(立麝香草)タイム(植物)タイム百里香村田

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

イブキジャコウソウの関連情報