コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イブキジャコウソウ

3件 の用語解説(イブキジャコウソウの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

イブキジャコウソウ

シソ科の小低木。北海道〜九州の日当りのよい山地にはえる。茎は地上をはい,高さ5〜15cmの枝を立てる。葉は対生し,長楕円形で長さ5〜10mm。6〜7月に茎の上に短い花穂をつけ,長さ5〜8mmの淡紅色の唇形(しんけい)花を開く。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

イブキジャコウソウ【Thymus serpyllum L.ssp. quinquecostatus (Čelak.) Kitam.】

日当りのよい山の岩場や石灰岩地,時に海岸などに生えるシソ科の多年草イラスト)。茎は細く,ややつる状に張って節から根を出す。葉は狭卵形で長さ5~10mm,対生して先は円く,両面に小さい分泌腺が点在し,ふれると香気がある。夏から秋,枝の先に短い穂を作って,淡紅紫色の小型の花を多数つける。萼は紫色を帯びることが多く,唇形でのどの部分に白毛が密生する。花冠は長さ7~8mmのものと,5~6mmのものと,株によって2型ある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イブキジャコウソウ
いぶきじゃこうそう / 伊吹麝香草
[学]Thymus serpyllum L. subsp. quinquecostatus (Celak.) Kitamura

シソ科の草状小低木。日当りのよい山の岩場や草地、石灰岩地帯に多く、まれに海岸近くにも生える。茎は地表をはって所々に根を出し、枝は斜め上に伸び、高さ3~15センチメートル。葉はごく短い柄があり、対生し、卵形もしくは長楕円(ちょうだえん)形で全縁、長さ5~10ミリメートル。2~3対の羽状脈があり、両面に腺点(せんてん)がある。6~7月、枝先に短い花穂をつくり、淡紅紫色で小形の唇形花を密に数段つける。萼(がく)は5裂し二唇形、内面喉部(こうぶ)に白毛が多い。花冠は7~8ミリメートル。日本、中国、ヒマラヤに分布する。全体にチモールを含みよい香りがあり、伊吹山(滋賀県)に多いのでこの名がある。山草として鉢植えにしたり、薬用とすることもある。イブキジャコウソウ属は約35種あり、アジア、アフリカ、ヨーロッパに分布する。[村田 源]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

イブキジャコウソウの関連キーワードカルストドリーネ竜泉洞石灰岩植物日当り紡錘虫石灰岩オルソ石灰岩腐泥石灰岩ドナー石灰岩レセプター石灰岩

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

イブキジャコウソウの関連情報