コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イブン・ハルドゥーン `Abd al-Raḥmān ibn Khaldūn

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イブン・ハルドゥーン
`Abd al-Raḥmān ibn Khaldūn

[生]1332.5.27. チュニス
[没]1406.3.17. カイロ
アラビアの歴史哲学者。生地で仕官したがその異才ゆえに同僚のねたみを受け,1362年グラナダに渡り,65年アフリカに戻って牢獄や僧院での生活を織込みつつ各地を転々とした。メッカ巡礼でカイロのスルタンに見出されて 84年その宮廷に入り,大法官にまでなった。 1400年シリア遠征軍に加わり,またチムール (帖木児) とも何度か会見した。アラビア世界の衰退期に生きた彼は,歴史的事象の内面を掘下げ,歴史哲学の祖といわれる。 1375~78年に書かれた主著『教訓の書』 Kitāb al-`Ibarはイスラム史4巻とベルベル族の歴史2巻に『序説』 al-Muqaddima1巻を冠した7巻の大著。この序説において彼は史学を文明の学とし,広い視野の社会認識に基づいて歴史展開の型をとらえ,社会の基盤としての連帯意識を洞察した。その斬新な方法論と深い直観は,19世紀に西欧世界に紹介されて脚光を浴び,A.トインビーは彼の著書を最も偉大な史書としている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

イブン・ハルドゥーン

アラブの歴史学者。チュニス生れ。1384年以後マムルーク朝に仕え,1401年シリア遠征に従軍ティムールとの和平交渉に努力。以後著述に専念し,《イバルの書》《歴史序説》という大著を著した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イブン・ハルドゥーン
いぶんはるどぅーん
Ibn Khaldn
(1332―1406)

イスラム世界最大の歴史家。チュニスに生まれ、諸学を修めたのち、北アフリカ、スペインの諸スルタンに仕え、波瀾(はらん)万丈の政治生活を送ったが、隠退して膨大な『歴史序説』と世界史にあたる『イバルの書』を著した。その後マムルーク朝下のカイロに移住し、マーリキー学派の大法官として裁判行政に尽くしたが、たまたまティームールの西アジア遠征に対する防衛軍に加わり、ダマスカス郊外でティームールと会見した。
 彼を有名にしたのは『歴史序説』に書かれた社会理論のためである。彼は人間社会を、文明の進んだ都会と、そうでない田舎(いなか)としての砂漠とに分ける。そこに住む人間は生活環境の違いから、後者の方が前者よりもより強力な結束力をもつ社会集団を形成しやすく、そこに内在する連帯意識(アサビーヤ)が歴史を動かす動因となると説く。この点、砂漠の遊牧生活を送っている連帯集団は支配権への志向をもっていて、機会に恵まれると発展し、都市に根拠を置く支配国家を征服、新国家を建設する。しかし都会に生活の場を置いたこの集団は、文明の発展とともに連帯意識を喪失し、やがて新たな連帯集団に征服される。彼は以上のような歴史理論を展開するとともに、政治、経済、社会の鋭い分析を行っていて、マムルーク朝やその後の歴史家たちに大きな影響を与えた。[森本公誠]
『森本公誠著『人類の知的遺産22 イブン=ハルドゥーン』(1980・講談社) ▽森本公誠訳『歴史序説』3巻(1979~87・岩波書店)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

イブン・ハルドゥーンの関連キーワードフォン・クレーマータフターウィーイスラム文化アラビア文学マクリージー5月27日アサビーヤメッカ巡礼ハフス朝ナスル朝世界史アラブ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android