イブン・フルダーズベ(英語表記)Ibn Khurdādhbeh

世界大百科事典 第2版の解説

イブン・フルダーズベ【Ibn Khurdādhbeh】

820ころ‐912ころ
イラン系の著名な地誌著述家。バグダードに育ち,イランのジバールを振出しにバグダード,サーマッラーの駅逓長官を務め,アッバース朝カリフ,ムータミド(在位870‐892)に仕えた。9世紀後半長い年月を要して完成された《道里および諸国記》にはその豊富な経験が生かされ,当時の行政官,一般旅行者の手引書として尊重された。本書はイスラム帝国内の宿駅のリストのほか,帝国外地域(中国,朝鮮も)に関する貴重な描写を含む。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android