コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イボタガ(水蠟蛾) イボタガBrahmaea wallichii

世界大百科事典 第2版の解説

イボタガ【イボタガ(水蠟蛾) Brahmaea wallichii】

鱗翅目イボタガ科の昆虫(イラスト)。大型のガで,開張10cm内外。北海道から屋久島まで全国的に分布する。翅には無数の波状線があり,後翅の基部に近い半分は黒い。この科はヤママユガ科に近縁な小さな科で,アフリカイタリアの南端,東南アジアから日本にかけて約15種が知られている。日本にはイボタガ1種しか分布していない。日本のイボタガは春に羽化し,夜行性でよく灯火に飛来する。幼虫はモクセイ科イボタノキモクセイトネリコ,ネズミモチなどの葉を食べる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone