ネズミモチ

百科事典マイペディアの解説

ネズミモチ

モクセイ科の常緑低木〜小高木。本州(関東以西)〜沖縄,東アジアの暖地山野はえ庭木生垣として植栽される。葉は対生し,楕円形で厚く,光沢がある。6月,新枝の先に円錐花序を出し,長さ5〜6mmの白色花を密に開く。花冠は筒形で先が4裂。果実は長楕円形で,11〜12月,紫黒色に熟す。近縁トウネズミモチは中国原産で葉と花序が大きい。近年,公園などによく植えられている。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ネズミモチ
ねずみもち / 鼠黐
[学]Ligustrum japonicum Thunb.

モクセイ科の常緑小高木。タマツバキともいう。高さ6メートルに達する。葉はやや厚い革質でつやがあり、楕円(だえん)形から広卵状楕円形で長さ4~7センチメートル、両端はとがり、全縁である。6月、枝先に円錐(えんすい)花序をつくり、小さな白色花を多数開く。花冠は中ほどまで4裂し、2本の雄しべと1本の雌しべがある。果実は楕円形、長さ0.8~1センチメートルで、10~11月、紫黒色に熟す。暖地に生え、関東地方以西の本州から沖縄、および朝鮮半島南部に分布する。名は、果実がネズミの糞(ふん)に似て、葉がモチノキの葉に似るためについた。園芸品種のイワキは葉は小形で厚く、楕円形からやや円形。またフクロモチは枝が詰まって、やや円形で中央が膨らむ葉を密につける。これらのほか、斑(ふ)入りの品種もある。
 強い剪定(せんてい)に耐えて萌芽(ほうが)力が強く、庭木、生け垣に広く使われ、材は道具の柄(え)、楊枝(ようじ)などにする。果実は強壮剤とし、民間では葉を熱湯で柔らかくしたものをおできの吸い出しのために貼(は)る。[小林義雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android