コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イリフ=ペトロフ イリフペトロフ

2件 の用語解説(イリフ=ペトロフの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

イリフ=ペトロフ

ロシア(ソ連)の二人の作家。イリヤ・イリフIl'ya Il'f〔1897-1937〕とエフゲーニー・ペトロフEvgenii Petrov〔1903-1942〕は,1920年代中期からコンビを組んで活躍,《十二の椅子》(1928年),《黄金の子牛》(1931年)など,官僚主義を暴露するソビエト風刺小説の最高傑作を書いた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

イリフ=ペトロフ【Il’f i Petrov】

合作で活躍したソ連の風刺・ユーモア小説家。ともにオデッサの生れ。イリフIl’ya Il’fは本名ファインジリベルクIl’ya Arnol’dovich Fainzil’berg(1897‐1937),ユダヤ系の銀行員の子で新聞記者。ペトロフEvgenii Petrovは本名カターエフEvgenii Petrovich Kataev(1903‐42)で,作家V.P.カターエフの弟である。最初の合作長編《十二の椅子》(1928)は,椅子にかくされたダイヤモンド捜しというピカレスク小説ふうの形式に託して,革命後10年のソ連の世相を痛烈に風刺した作品で,ソビエト時代の《死せる魂》といった趣がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

イリフ=ペトロフの関連キーワードモーロアブラックユーモア漫画ユーモラスユーモリスト宮原昭夫ユーモアアプローチユーモア文学宇井無愁北町一郎

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone