イリ条約(読み)イリジョウヤク

百科事典マイペディアの解説

イリ条約【イリじょうやく】

1881年ロシアのペテルブルグで締結された露清国境地帯イリ(伊犂)地方の問題解決のための両国間の条約。正称はサンクト・ペテルブルク条約。1871年ロシアが回族の乱(西北ムスリム大反乱)を口実に中国新疆(しんきょう)北西部のイリ地方に出兵占領したイリ事件が発端。清は左宗棠(さそうとう)を派遣して新疆平定作戦をすすめ,1879年ロシアとリバディア条約を結んだが,これを不満として批准せず,1881年改めて締結し,イリ地方は清に返還された。→ヤークーブ・ベク
→関連項目新疆張之洞

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イリ条約
いりじょうやく
Ili

イリ事件を解決するため、ロシアと中国清(しん)朝間で結ばれた条約。1864年に清帝国領新疆(しんきょう)にイスラム教徒の反乱が起こり、これに乗じてコーカンド・ハン国の将軍ヤクブ・ベクがカシュガルに侵入して政権をたて、清朝勢力を駆逐するとともに、イギリスおよびトルコと提携しようとした。ロシアは、この戦乱によってイリ地方在住のロシア人の財産が危険になったという口実のもとに、イリに出兵して占領し、清朝の撤退要求に応じなかった。これがイリ事件である。1878年に清朝は新疆全土を奪回し、ロシアに対してイリ返還を要求するため、崇厚(すうこう)を大使として派遣して談判させ、クリミア半島のリワディアで条約を結んだ。これが79年のリワディア条約(第一次イリ条約)である。その内容は、ロシアはイリを返還するが、その代償として清朝はイリ西部地方を割譲するというものであった。清朝政府は崇厚の屈辱的外交を怒り、彼に死刑を宣告し、条約の批准を拒否した。そのため両国の関係が悪化した。しかし、イギリス、フランスの仲介により、清朝は81年、曽紀沢(そうきたく)を大使として派遣して改訂イリ条約(サンクト・ペテルブルグ条約)を締結した。これによって清朝はイリ地区の大部分を取り戻したが、ザイサン湖周辺地方をロシアに割譲し、償金900万ルーブルを支払うことになった。これも清朝に不利な条約であったが、これによって今日の中国とカザフスタン共和国とのイリ国境線が確立した。

[佐口 透]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

旺文社世界史事典 三訂版の解説

イリ条約
イリじょうやく

イリ事件の結果,1881年ペテルブルクで締結されたロシア・清間の条約
ロシアの占領したイリ地方は清に返還されたが,その一部と北方のザイサン・ノール東部がロシアに割譲されて,現在の国境が定まった。また,清は賠償金900万ルーブルを支払い,モンゴル・新疆 (しんきよう) におけるロシアの通商活動を承認した。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報