イルカの追い込み漁(読み)いるかのおいこみりょう

知恵蔵の解説

イルカの追い込み漁

複数の船が船団を組み、イルカの群れを湾内の浅瀬に追い込み捕獲する漁法。イルカ漁業の漁法の一つで、2015年5月現在、日本では和歌山県太地町だけで行われている。
知事許可漁業であるイルカ漁業は、追い込み漁と突き棒漁という二つの漁法がある。追い込み漁の許可が与えられているのは太地町と静岡県伊東市富戸で、それぞれ漁獲枠が決められているが、伊東市富戸では05年以降、1頭も漁獲されていない。太地町では13年には1239頭(調査利用を含む)が捕獲された。追い込み漁で捕獲されたイルカの大部分は食用として、また一部は水族館の飼育展示用として生きたまま販売される。
太地町の追い込み漁は、09年に公開された米国のドキュメンタリー映画「ザ・コーヴ」で漁の様子を隠し撮りした映像などが批判的に使われ、反捕鯨団体の抗議を受けた。こうした批判は水族館にも向けられ、15年には、国内の動物園や水族館などで構成する日本動物園水族館協会(JAZA)に対して、世界動物園水族館協会(WAZA)が「残酷だ」などとして追い込み漁で捕獲したイルカを購入しないように迫り、JAZAはその要求を受け入れて、追い込み漁で捕獲されたイルカの入手を禁じることを決めた。水族館のイルカの入手は、日本が野生の捕獲に頼ってきたのに対し、欧米では館内で繁殖させる方法が主流だという。

(原田英美 ライター/2015年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

イルカの追い込み漁

9月から8カ月間、和歌山県知事の許可で、漁師が鉄の棒を海中に入れてたたき、音でイルカを入り江に追い込んで捕まえる。イルカも含む「小型クジラ」約2千頭が捕獲枠。例年の実捕獲数は枠の約半分で、水族館などに売るか食用にする。国の機関によると、昨年3月までの5年間で生体販売されたのは計760頭。多くが太地町で捕獲され、半数は業者らを通じて中国などに海外輸出された。

(2015-09-01 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

イルカの追い込み漁の関連情報