コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イワウメ

百科事典マイペディアの解説

イワウメ

イワウメ科の常緑小低木。北海道〜本州中部,北東アジアの高山帯の岩や礫地(れきち)に群生し,マット状をなす。密に互生した葉はへら形で革質上面の脈は落ち込む。7〜8月,短い柄の上に花が一つつく。白色の花冠は径約1cm,短い鐘形で先が5裂し,梅の花を思わせる。おしべは5個で花冠の内側につく。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イワウメ
いわうめ / 岩梅
[学]Diapensia lapponica L. var. obovata Fr. Schm.

イワウメ科の草状の小低木。茎は多くの枝に分かれて地をはい、常緑の革質でへら形の葉が密生してマット状の株をつくる。夏、枝先に短い花茎を出し、上向きの1花を開く。花は白色、鐘形で5裂し、ウメの花に似る。雄しべは5本。高山の岩地に生え、本州の中部地方以北、北海道、千島、樺太(からふと)(サハリン)、カムチャツカ、アラスカに分布。基本種はヨーロッパにあり、イワウメより葉が細い。[山崎 敬]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

イワウメの関連キーワードダイセツタカネヒカゲイワウチワ(岩団扇)イワカガミ(岩鏡)イワウメ(岩梅)ヤマイワカガミヒメイワカガミマンガン尖晶石イワカガミイワウメ科イワウチワ大和団扇高山植物雄阿寒岳高山草原助六一薬ガラクス愛宕酸漿岩団扇小岩鏡山岩鏡

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android