イワギリソウ(英語表記)Opithandra primuloides (Miq.) B.L.Burtt.

世界大百科事典 第2版の解説

イワギリソウ【Opithandra primuloides (Miq.) B.L.Burtt.】

温帯日本の岩場樹上に着生するイワタバコ科の夏緑多年草(イラスト)。全体に白色の軟毛を密生する。 短縮した地下茎に多数の葉を根生する。葉は広卵形先端はややとがり,基部は円形から心臓形,長さ4~10cmで,ほぼ同長の葉柄がある。初夏,10cmあまりの花茎を出し,数個から10個あまりの紅紫色の花を散状につける。は5深裂,花冠は左右相称で花筒部が発達し,先端は2状で,上唇は2裂,下唇は3裂している。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イワギリソウ
いわぎりそう / 岩桐草
[学]Opithandra primuloides (Miq.) B. L. Burtt

イワタバコ科の多年草。全草柔らかい細毛を密生する。葉は根際につき、広卵形で先はとがり、不ぞろいの牙歯(がし)がある。花茎は長さ10~15センチメートル。5~6月に散形花序をつくり、紅紫色の花を横向きに開く。花冠は、下方は筒状で先は5裂して唇形となる。丘陵帯の岩場に生え、近畿地方以西の本州、四国、九州に分布する。名は、岩場に生え、葉がキリに似るのでいう。イワギリソウ属は、花冠は漏斗(ろうと)状、左右相称で、完熟する雄しべが2本ある。東アジアに数種、日本に1種分布する。[高橋秀男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android