コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イワギリソウ Opithandra primuloides (Miq.) B.L.Burtt.

2件 の用語解説(イワギリソウの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

イワギリソウ【Opithandra primuloides (Miq.) B.L.Burtt.】

温帯日本の岩場や樹上に着生するイワタバコ科の夏緑多年草イラスト)。全体に白色の軟毛を密生する。 短縮した地下茎に多数の葉を根生する。葉は広卵形で先端はややとがり,基部は円形から心臓形,長さ4~10cmで,ほぼ同長の葉柄がある。初夏,10cmあまりの花茎を出し,数個から10個あまりの紅紫色の花を散状につける。萼は5深裂,花冠は左右相称で花筒部が発達し,先端は2唇状で,上唇は2裂,下唇は3裂している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イワギリソウ
いわぎりそう / 岩桐草
[学]Opithandra primuloides (Miq.) B. L. Burtt

イワタバコ科の多年草。全草柔らかい細毛を密生する。葉は根際につき、広卵形で先はとがり、不ぞろいの牙歯(がし)がある。花茎は長さ10~15センチメートル。5~6月に散形花序をつくり、紅紫色の花を横向きに開く。花冠は、下方は筒状で先は5裂して唇形となる。丘陵帯の岩場に生え、近畿地方以西の本州、四国、九州に分布する。名は、岩場に生え、葉がキリに似るのでいう。イワギリソウ属は、花冠は漏斗(ろうと)状、左右相称で、完熟する雄しべが2本ある。東アジアに数種、日本に1種分布する。[高橋秀男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

イワギリソウの関連キーワード岩タバコ御タバコ盆タバコ切りタバコ銭天狗タバコ寝タバコ豆蔦ししん蘭タバコ税イワノリ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone