コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イワン・カリタ イワンカリタ

百科事典マイペディアの解説

イワン・カリタ

モスクワ公イワン1世(在位1325年―1340年)の通称。キプチャク・ハーン国の援助を得てロシア諸侯国に対する宗主権を獲得,領土を拡大した。諸侯国がキプチャク・ハーン汗に納める税の一部を取って富強となり(〈カリタ〉は金袋の意),ロシア統一の基礎を固めた。
→関連項目モスクワ大公国リューリク朝

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

イワン・カリタの関連キーワードドミトリー・ドンスコイイワン[1世]クリコボの戦リューリク

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android