コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イワン・カリタ Ivan Danilovich Kalita

世界大百科事典 第2版の解説

イワン・カリタ【Ivan Danilovich Kalita】

?‐1340
モスクワ公イワン1世の通称。在位1325‐40年。当時のロシアは,トベーリリャザンノブゴロドなど大小の諸公国が並び立ち,キプチャク・ハーン国の間接支配下にあった。1327年トベーリでハーンの使節を殺害,反乱がおこると,イワンはハーンの委任をうけて5万のハーン軍とともに兵をすすめ,鎮圧の功により,翌28年に念願のウラジーミル大公の称号を許された。キエフからウラジーミルに移ってきていた正教会のギリシア人府主教も,イワンの支持者にまわった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のイワン・カリタの言及

【タタールのくびき】より

…たとえば,モスクワ公ユーリーは,中傷によってトベーリ公ミハイルをハーン国で刑死させるが,自分もまたミハイルの息子に復讐されて,1325年ハーンの宮廷で落命する。まもなくトベーリ公国に反モンゴル的な民衆蜂起が起こると,ハーンの命令に応じてタタールの大軍とともにトベーリに侵入し,これを徹底的に弾圧したのは,ユーリーの弟でモスクワ公のイワン・カリタ(1世)であり,彼はその翌年,ハーンからウラジーミル大公位を許される。 東方の大ハーンやサライのハーンが差し向けてくる徴税吏や戸口調査吏など,各種の役人が諸公国(主として中央ロシア)に出入りした。…

※「イワン・カリタ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

イワン・カリタの関連キーワードドミトリー・ドンスコイキプチャク・ハーン国モスクワ大公国イワン[1世]クリコボの戦

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android