イワン・カリタ(英語表記)Ivan Danilovich Kalita

世界大百科事典 第2版の解説

イワン・カリタ【Ivan Danilovich Kalita】

?‐1340
モスクワ公イワン1世の通称。在位1325‐40年。当時のロシアは,トベーリ,リャザン,ノブゴロドなど大小の諸公国が並び立ち,キプチャク・ハーン国の間接支配下にあった。1327年トベーリでハーン使節を殺害,反乱がおこると,イワンはハーンの委任をうけて5万のハーン軍とともに兵をすすめ,鎮圧の功により,翌28年に念願のウラジーミル大公の称号を許された。キエフからウラジーミルに移ってきていた正教会のギリシア人府主教も,イワンの支持者にまわった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のイワン・カリタの言及

【タタールのくびき】より

…たとえば,モスクワ公ユーリーは,中傷によってトベーリ公ミハイルをハーン国で刑死させるが,自分もまたミハイルの息子に復讐されて,1325年ハーンの宮廷で落命する。まもなくトベーリ公国に反モンゴル的な民衆蜂起が起こると,ハーンの命令に応じてタタールの大軍とともにトベーリに侵入し,これを徹底的に弾圧したのは,ユーリーの弟でモスクワ公のイワン・カリタ(1世)であり,彼はその翌年,ハーンからウラジーミル大公位を許される。 東方の大ハーンやサライのハーンが差し向けてくる徴税吏や戸口調査吏など,各種の役人が諸公国(主として中央ロシア)に出入りした。…

※「イワン・カリタ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android