コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

インシデント インシデントincident

翻訳|incident

4件 の用語解説(インシデントの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

インシデント(incident)

出来事。特に、ちょっとした事件。
《operational incidentの略》航空機などの運航障害。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

情報セキュリティ用語辞典の解説

インシデント

情報セキュリティの要素である、機密性、完全性、可用性に影響を与える不測の事態。ここでは「コンピュータセキュリティ・インシデント」のことを指す。

出典|教育ネットワーク情報セキュリティ推進委員会(ISEN)
情報セキュリティ用語辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

インシデント【incident】

出来事。事件。異変。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

インシデント
いんしでんと
incident

もともとは出来事、事件、付随するもの(こと)を意味する英語。ただし、誤った行為が重大な事件や事故に発展する可能性を伴う事例をさす場合が多く、警察、医療、航空、情報セキュリティーなどの分野で頻繁に使用される。
 たとえば、警視庁の事件現場医療派遣チーム「警視庁IMAT(アイマット)」は、Incident Medical Assistance Teamの頭文字をとったものである。また、医療の現場で事故や過誤を防ぐため、不測の事態につながりかねないひやりとした経験を報告する文書はインシデント・レポートincident reportとよばれる。航空業界では、他の航空機との接触や衝突のおそれや事故が発生する可能性があると認められる事態を重大インシデント、運航障害をオペレーショナル・インシデントoperational incidentとよぶ。情報通信技術(ICT)分野では、コンピュータやそのネットワークのセキュリティーを脅かす事態をインシデントという。具体的には不正アクセス、システムへの侵入、データの改竄(かいざん)、妨害行為などの不正行為をさし、そのような行為に対抗するための専門チームはコンピュータ・セキュリティー・インシデント・レスポンス・チームComputer Security Incident Response Team(CSIRT(シーサート))、実際に行われる調査や復旧のための活動はインシデント・レスポンスとよばれる。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

インシデントの関連情報