コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウィルクスランド Wilkes Land

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウィルクスランド
Wilkes Land

南極大陸のインド洋側,東経 102°~142°20′の範囲の地域。 1838~42年のアメリカ南極探検隊の隊長 C.ウィルクスを記念して命名。沿岸部は東からアデリー,クレーリー,バンゼア,サブリナ,バッド,ノックスの各海岸に区分されている。東端のアデリー海岸沖には南磁極が位置する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ウィルクス‐ランド(Wilkes Land)

南極大陸の東経100度から142度にかけての地域の名称。1840年、米国の探検隊を率い、南極が大陸であることを初めて報告したチャールズ=ウィルクスにちなむ。オーストラリアのケーシー基地、フランスのデュモンデュルビル基地がある。2006年の重力場測定により、2億5千万年前に形成された直径480キロメートルもの巨大なクレーターがあると推定されている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ウィルクスランドの関連キーワードジョージ5世海岸ジョージ五世海岸バンゼア海岸バッド海岸南極大陸東南極南極

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android