ウィルクスランド(英語表記)Wilkes Land

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウィルクスランド
Wilkes Land

南極大陸のインド洋側,東経 102°~142°20′の範囲の地域。 1838~42年のアメリカ南極探検隊の隊長 C.ウィルクスを記念して命名。沿岸部は東からアデリー,クレーリー,バンゼア,サブリナ,バッド,ノックスの各海岸に区分されている。東端のアデリー海岸沖には南磁極が位置する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ウィルクス‐ランド(Wilkes Land)

南極大陸の東経100度から142度にかけての地域の名称。1840年、米国の探検隊を率い、南極が大陸であることを初めて報告したチャールズ=ウィルクスにちなむ。オーストラリアのケーシー基地、フランスのデュモンデュルビル基地がある。2006年の重力場測定により、2億5千万年前に形成された直径480キロメートルもの巨大なクレーターがあると推定されている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android