コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウォーターベリー Waterbury

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウォーターベリー
Waterbury

アメリカ合衆国,コネティカット州西部の都市。ノガタック川の河畔にあり,河口から約 70km上流に位置する。 1674年 31家族が入植したのが始りで,18世紀後半には職人による手作り時計の産地となった。 19世紀以降近代工業化が進行し,現在アメリカ合衆国における真鍮製造の中心地。多彩な業種で知られるノガタック都市地域の核心都市。この地域ではゴム製品,時計類,化学製品,電子部品,工作機械,プラスチックなどの工業が行われている。周辺には数多くのレクリエーション施設があり,自然に恵まれている。人口 11万366(2010)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ウォーターベリー

米国,コネティカット州の工業都市。ナウガタック川沿いに位置し,1800年代以降は真鍮(しんちゅう)の製造で知られる。20世紀に入ってからは,時計・化学工業も行われる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ウォーターベリー【Waterbury】

アメリカ合衆国コネティカット州西部の工業都市。人口10万4000(1994)。付近にノーガタック川,マッド川,フリングミル川,グレート川,リトル川があり,これらの豊富な水力を利用して,18世紀中ごろからシンチュウ工業が発達した。都市名も〈水の町〉の意味である。現在では,時計,機械器具,プラスチック,電気部品,衣服などの工業も加わっている。1674年に定住が始まり,86年に町制,1853年に市制施行。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウォーターベリー
うぉーたーべりー
Waterbury

アメリカ合衆国、コネティカット州西部の工業都市。人口10万7271(2000)。同州西部地域の商業と金融の中心地でもある。19世紀初頭にボタン製造が始まり、それ以来の長い歴史をもつ「真鍮(しんちゅう)の町」として世界的に知られる。プラスチック、機械、薬品、写真材料、軍用品などの製造業も盛んで、同市を流れるノーガタック川沿岸に多くの工場が林立する。ここでつくられる安価な時計は人気がある。[作野和世]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ウォーターベリーの関連キーワードジェラルド コリガンスタン フリーマンロバート ギャロポーター ゴスクイーンガボ

今日のキーワード

日馬富士 公平

大相撲力士。身長186センチ、体重137キロ。1984年4月14日生まれ、モンゴル・ゴビアルタイ出身。伊勢ヶ濱部屋に所属。本名はダワニャム・ビャンバドルジ。2001年1月の初場所で初土俵、2012年1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android