コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウディネ ウディネ Udine

4件 の用語解説(ウディネの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウディネ
ウディネ
Udine

イタリア北東部,フリウリベネチアジュリア州ウディネ県の県都。ベネチアの北東約 100kmに位置する。古代ローマの国境都市ウティナはこの町であったとされる。 1420年ベネチア領,1797年オーストリア領,1866年イタリア領となり,第1次世界大戦ではイタリア軍総司令部がおかれ,第2次世界大戦では激しい空爆の目標となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ウディネ(Udine)

イタリア北東部、フリウリベネチアジュリア自治州の都市。13世紀よりフリウリ地方の中心地になり大司教座が置かれ、15世紀にベネチアの支配下になった。19世紀後半よりオーストリアへの交通の要地、また工業都市として発展。市庁舎、ウディネ大聖堂、サンジョバンニ教会などの歴史的建造物が残っている。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ウディネ【Udine】

イタリア北東部,フリウリ・ベネチア・ジュリア州の都市。人口9万9157(1991)。農牧地帯の中心地で,良質のブドウ酒と生ハムを産し,機械,化学,繊維産業も発達している。10世紀にオットー2世アクイレイアの司教に寄進した土地である。1420年ベネチア共和国の支配下におかれ,その支配は1797年にオーストリアに割譲されるまで続いた。【町田 亘】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウディネ
うでぃね
Udine

イタリア北東部、フリウリ・ベネチア・ジュリア自治州ウディネ県の県都。人口9万4759(2001国勢調査速報値)。丘上の城を中心とした小村落にすぎなかったが、13~14世紀には大いに栄えた。その後、19世紀後半の鉄道網の整備と20世紀の工業化によって、工業都市として、またオーストリアに通ずる交通の要地として発展した。現在では、製鉄、綿業があるほか、ビールマッチ、家具、時計の製造が行われる[堺 憲一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウディネの関連キーワードゴリツィアトリエステベネトサンジュスト城スカルツィ橋ドルソドゥーロフリウリベネチアジュリアリド島プロセッコフリウリ・ベネチア・ジュリア[州]

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ウディネの関連情報