コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウボンラーチャターニー Ubon Ratchathani

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウボンラーチャターニー
Ubon Ratchathani

タイ東部,コラート高原にある町。ウボンラーチャターニー県の県都。ナコンラーチャシーマー東方 300kmにあり,メコン川支流ムーン川に臨む。ラーマ1世の治世(1782~1809)に,ハスを意味するウボンと名づけられた。米,家畜,タバコの取り引きが盛ん。ベトナム戦争中はアメリカ軍の空軍基地があった。周辺では米,淡水魚,家畜,サトウキビ,木材,綿が生産される。ラオ族クメール族が多く住む。近隣のワーリンチャムラープにあるウボンラーチャターニー駅はバンコクから東に延びる鉄道の終着駅。人口 10万6552(2003推計)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ウボンラーチャターニー

タイ東部,ラオス国境近くメコン川の支流ムン川に臨む町。略称ウボン。鉄道の終点で,ラオスのパクセとの間の貿易中継地。ラオ系民族が多く住む。米,サトウキビ,タバコ,シェラック(天然樹脂)などの集散地で,製糖工場,シェラック工場がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ウボンラーチャターニー【Ubonratchathani】

タイ東北部,ウボン県の県都。人口10万6000(1993)。略称ウボン。メコン川の支流ムーン川左岸にあり,ラオスとの国境に近い。コーラート高原を横断する鉄道の終点にあたり,バンコクから575km東方にある。ラオ系民族の中心地の一つで,18世紀末以降,タイに服属し,20世紀初頭からその版図に入った。稲作は農民の主要な生業であるが,不安定であり,ケナフ,タバコなど畑作物の集散地でもある。【田辺 繁治】12

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android