コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウボンラーチャターニー ウボンラーチャターニーUbonratchathani

3件 の用語解説(ウボンラーチャターニーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウボンラーチャターニー
ウボンラーチャターニー
Ubonratchathani

タイ東北地方の南部にある町。ウボンラーチャターニー県の県都。ナコンラーチャシーマー東方 300kmにあり,メコン川支流ムーン川にのぞむ。ラーマ1世の治世 (1782~1809) に「蓮」を意味するウボンと名づけられた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ウボンラーチャターニー

タイ東部,ラオス国境近くメコン川の支流ムン川に臨む町。略称ウボン。鉄道の終点で,ラオスのパクセとの間の貿易中継地。ラオ系民族が多く住む。米,サトウキビタバコシェラック天然樹脂)などの集散地で,製糖工場,シェラック工場がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ウボンラーチャターニー【Ubonratchathani】

タイ東北部,ウボン県の県都。人口10万6000(1993)。略称ウボン。メコン川の支流ムーン川左岸にあり,ラオスとの国境に近い。コーラート高原を横断する鉄道の終点にあたり,バンコクから575km東方にある。ラオ系民族の中心地の一つで,18世紀末以降,タイに服属し,20世紀初頭からその版図に入った。稲作は農民の主要な生業であるが,不安定であり,ケナフ,タバコなど畑作物の集散地でもある。【田辺 繁治】12

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone