ウラン・ウデ(読み)ウランウデ

百科事典マイペディアの解説

ウラン・ウデ

ロシア,東部シベリア,ブリヤート自治共和国の主都。バイカル湖東方75kmに位置する。1934年までベルフネウジンスクと称された。セレンガ川に面し,機械,ガラス,食品加工などの工場がある。1666年創設,交易地として栄えた。モンゴルに通じる鉄道,道路の起点。35万8682人(2009)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウラン・ウデ
うらんうで
Улан-Удэ Ulan-Ude

ロシア連邦中部、ブリヤーチア共和国の首都。1934年までベルフネウジンスクВерхнеудинск/Verhneudinskとよばれた。人口37万1400(1999)。バイカル湖へ流入するセレンガ川の右岸、支流ウダ川の合流点にある河港都市。モンゴル経由で北京(ペキン)に通じる鉄道がシベリア鉄道から分岐する駅で、自動車道の交点でもあり、空港もあって、交通運輸、貿易(とくにモンゴルとの間)の要地。機械製造(航空機、機関車・車両修理、造船、電機)、建設資材、ラシャ、靴、食料品(精肉、製粉、乳業)などの工業が盛ん。科学アカデミー支部や諸学校、博物館、劇場などがあって、教育、文化の中心地。起源は1666年建設の冬営所で、1689年に要塞(ようさい)(柵(さく))となった。1899年にシベリア鉄道が開通。1918~20年、反革命軍と日本軍が占拠。1920年4月~10月の間は極東共和国の首都。23年から58年までブリヤート・モンゴル自治共和国の首都。北海道留萌(るもい)市と姉妹都市。[三上正利]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ウラン・ウデの関連情報