コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウラン・ウデ(英語表記)Ulan‐Ude

世界大百科事典 第2版の解説

ウラン・ウデ【Ulan‐Ude】

ロシア連邦東部,ブリヤート共和国の首都。人口36万5000(1993)。バイカル湖の東方75km,シベリア鉄道の沿線にあり,モンゴルに通ずる鉄道・自動車道の起点で,モンゴルとの貨客輸送の要衝として知られる。セレンガ川とウダ川の交流点にある河港でもあり,飛行場もある。1666年にコサックの越冬基地ウジンスクUdinskとしてはじまり,89年にできたベルフネウジンスク城塞の周辺に都市として発展した。19世紀の後半にはザバイカリエの一大商業中心地であった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ウラン・ウデの関連情報