コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウリジン uridine

翻訳|uridine

大辞林 第三版の解説

ウリジン【uridine】

リボ核酸を構成する成分の一。塩基部分にウラシルを含む。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウリジン
うりじん
uridine

ウラシルとリボースから構成されるヌクレオシド。ウラシルリボシドともいう。リボ核酸(RNA)の構成成分の一つとして広く自然界に分布するが、単独で生体内に存在することは少ない。無色の長針結晶で、分子量244。多糖類、グルコシドの生合成ではUDP(ウリジン二リン酸)グルコースなどの糖ヌクレオチドが前駆体となるが、ウリジンはこれらの構成成分としても存在する。RNAを加水分解するか、ウリジル酸を酵素で脱リン酸することによって得られるほか、有機化学的な合成法もある。また酵母からのウリジンヒドロラーゼという酵素によってウラシルとリボースに分解される。[笠井献一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ウリジンの関連キーワード5'リボヌクレオチドナトリウムウリジン5'二リン酸グルコースウリジンホスホグルコースグリコーゲンシンターゼウリジン5'三リン酸RNAポリメラーゼUDPグルコースガラクトース血症アセチル補酵素Aリボヌクレオシドヘルペスワクチンヌクレオシダーゼ細胞壁合成阻害剤ガラクトースグリコーゲン放射線増感剤ヘキソサミンアラビノース抗ウイルス剤グルクロン酸

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android