ウリャスタイ(英語表記)Uliastai/Улиастай

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウリャスタイ
うりゃすたい
Uliastai

モンゴル西部、ザブハン県の県都。ザブハン川の支流ボグディン・ゴル川の河岸にある。標高1524メートル。人口2万4276(2000)。1926年にジブハランツと改称されたが、61年にウリャスタイに戻った。町の起源は17世紀初頭、清(しん)がこの付近にジュンガル征討の基地を設けたことに求められる。その後、清の外モンゴル支配の政治、軍事上の中心地として発展し、清代を通じてウルガ(現ウランバートル)に次ぐ町であった。現在はザブハン県の政治、経済、文化の中心地である。[吉田順一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android