コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウリヤスタイ Uliastay

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウリヤスタイ
Uliastay

モンゴル北西部,ザブハン州の州都。ハンガイ山脈南西麓の盆地,ザブハン川の支流であるボグド川,チンギス川の合流点,標高 1754mにある。北のムルンと南のアルタイを結ぶ自動車道路の中継地点。ウラーンバートルとは航空路で結ばれている。 1921年の革命まではザサクト・ハン部の中心地で,25年から一時ジャブフラント ǰavxlantと呼ばれていた。人口約1万 3000。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ウリヤスタイ

モンゴル西部,ザプハン川の支流ボグディン・ゴル河岸にあるザプハン・アイマク(州)の主都。1926年―1961年ジャプラントと称した。標高1500mに位置する。17世紀はじめに清朝が設けた基地に起源をもち,革命前はモンゴル第2の都市で,清朝の外モンゴル支配の中心地として栄えた。約2万4000人(2000)。
→関連項目セレンガ[川]ハンガイ[山脈]ホブスゴル・ノール[湖]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ウリヤスタイ【Uliastai】

モンゴル西部のザプハン・アイマク(州)の中心都市。Uliyasutaiとも書く。ザプハン川の支流ボグディン・ゴル河岸にある。1926年にジャプラントと改称されたが,61年にまたウリヤスタイにもどった。人口は73年当時で1万4000人。町の起源は17世紀初めに清朝がジュンガル征討の基地をこの付近に設けたことにある。そして定辺左副将軍(烏里雅蘇台(ウリヤスタイ)将軍)をおき,これはやがて外モンゴル全体の軍事・行政を統べたが,1786年(乾隆51)に外モンゴル西部のみの軍事・行政を統べることになった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android