コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウリヤスタイ ウリヤスタイ Uliastay

3件 の用語解説(ウリヤスタイの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウリヤスタイ
ウリヤスタイ
Uliastay

モンゴル北西部,ザブハン州の州都。ハンガイ山脈南西麓の盆地,ザブハン川の支流であるボグド川,チンギス川の合流点,標高 1754mにある。北のムルンと南のアルタイを結ぶ自動車道路の中継地点。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ウリヤスタイ

モンゴル西部,ザプハン川の支流ボグディン・ゴル河岸にあるザプハン・アイマク(州)の主都。1926年―1961年ジャプラントと称した。標高1500mに位置する。17世紀はじめに清朝が設けた基地に起源をもち,革命前はモンゴル第2の都市で,清朝の外モンゴル支配の中心地として栄えた。
→関連項目セレンガ[川]ハンガイ[山脈]ホブスゴル・ノール[湖]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ウリヤスタイ【Uliastai】

モンゴル西部のザプハン・アイマク(州)の中心都市。Uliyasutaiとも書く。ザプハン川の支流ボグディン・ゴル河岸にある。1926年にジャプラントと改称されたが,61年にまたウリヤスタイにもどった。人口は73年当時で1万4000人。町の起源は17世紀初めに清朝がジュンガル征討の基地をこの付近に設けたことにある。そして定辺左副将軍(烏里雅蘇台(ウリヤスタイ)将軍)をおき,これはやがて外モンゴル全体の軍事・行政を統べたが,1786年(乾隆51)に外モンゴル西部のみの軍事・行政を統べることになった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ウリヤスタイの関連キーワードホブドモンゴル高原蒙古УлиастайБаянхонгорモンゴル国際マラソンヤマダモンゴルアイマク慶寧寺ツェツェルリク

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone