ウルツ(英語表記)Charles Adolphe Wurtz

世界大百科事典 第2版の解説

1817‐84
フランスの有機化学者。ストラスブールに生まれる。ルター派牧師である父のを継がずに生地の大学の医学課程に進み,1843年学位を受ける。44年パリにでてソルボンヌ大学医学部のJ.B.A.デュマに認められる。45年にデュマの助手となり,49年に有機化学講師,53年に教授,66年に化学部長をつとめた。74年にはソルボンヌ大学からとくに有機化学のポストを与えられ,医学部より移り,81年アカデミー・デ・シアンスの会員となる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

自由放任主義

自由に個人の利益を追求させ,競争させることが社会全体の利益の増進に役立つという主張。 A.スミスは『国富論』において,フェアプレイの原則に基づく自由競争こそ見えざる手による社会の繁栄をもたらすとし,一...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android