ウレタンゴム(読み)うれたんごむ(英語表記)urethane rubber

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

特殊合成ゴムの一種。ポリウレタンゴムあるいはウレタンエラストマーともよばれる。ASTMインターナショナル(旧、アメリカ材料試験協会)の規格による略称はU。その発泡体はウレタンフォームという。製法は、まず両末端にヒドロキシ基をもつ液状のポリエーテルジオール、またはポリエステルジオールとジイソシアナートの重付加反応によって適当な分子量のプレポリマーを合成する。プレポリマーは分子鎖にウレタン結合-RNHCOOR'-をもつので、この名称がある。ポリエーテルタイプはEU、ポリエステルタイプはAUと略称(ASTM準拠)。

 成形法によって、(1)注形加工するキャストタイプ、(2)通常のゴムのように加工するミラブルタイプ、および(3)射出成形加工する熱可塑性タイプの3種類がある。(1)のタイプは、液状ゴムとよばれ、両末端がヒドロキシ基あるいはイソシアナート基の液状プレポリマーであり、それぞれ、ポリイソシアナートあるいはポリアミン、ポリオール、水などで架橋して三次元網目構造のゴムとなる。水が架橋剤および原料に発泡剤を加えた場合など、発泡ポリウレタンが得られる。(3)のタイプは、熱可塑性エラストマーとよばれ、長鎖状ポリウレタンであり、プラスチックのように成形できる。(1)のタイプがもっとも多く使われ、軟質から硬質に至るゴムやスポンジ、フォームなど多様な品種のゴムがつくられている。機械的強度や耐摩耗性が優れ、大きな耐荷重性があり、耐オゾン性や耐油性もよい。しかし、耐熱性や耐薬品性が劣り、ポリエステル形は加水分解に注意が必要である。用途は自動車や寝具・家具用のクッション材、機器や土木建築用の緩衝・断熱材、靴底、ベルト、ホース、パッキング、低速運搬用ソリッドタイヤ、その他の工業用ゴム製品などである。

[福田和吉]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (洋語Urethan+gom) 合成ゴムの一種。ウレタン結合、エーテル結合、エステル結合を同時にもった網状構造の高分子物質。タイヤ、ベアリング、弾性ホームラバーなど用途が広い。ウレタン。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

化学辞典 第2版の解説

ウレタン結合-NHCO(=O)-をもつゴムをいう.まず,両末端にヒドロキシ基をもつポリエステル,またはポリエーテルとジイソシアナートとを反応させ,適当な長さのポリマーをつくる.プレポリマー末端基がイソシアナート基のものに対しては活性水素をもったもの(水,アルコール,アミンなど)を作用させ,また末端ヒドロキシ基のものに対してはジイソシアナートを作用させ架橋する.有機過酸化物を用いる架橋も行われている.耐摩耗性が非常に大きく,耐油性,耐空気透過性がすぐれているが,耐熱,耐薬品(とくにアルカリ)性はあまりよくない.[別用語参照]ポリウレタン

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

世界大百科事典内のウレタンゴムの言及

【合成ゴム】より

…シリコーンゴムは44年アメリカにおいてはじめて特許出願され,それをもとに太平洋戦争中に工業生産に移されたが,耐熱性,耐寒性,電気的性質にすぐれているため,耐熱性電気部品をはじめ広く工業用部品として使用されている。ポリエステルグリコールやポリエーテルグリコールとジイソシアナートとの反応によって得られるウレタンゴムは,53年ドイツで発表されたものが最初で,耐油性,耐摩耗性にすぐれ,また高強度のゴムが得られることから,ソリッドタイヤ,ロール,ベルトなどの機械部品をはじめ多くの工業用部品に使用されている。このほか卓越した耐熱性,耐油性,耐薬品性をもち,過酷な条件で使用されるパッキング,ホースなどに使用されるフッ素系合成ゴムや,耐候性にすぐれるクロロスルホン化ポリエチレンゴム,耐熱性,耐油性,耐オゾン性にすぐれるエピクロロヒドリンゴムなど,特殊性能をもった合成ゴムが多種生産されるようになった。…

※「ウレタンゴム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ぴえん

悲しみの涙や嬉し泣きを表すネットスラング。「ピエーン」と声を上げながら泣いている様子を表す顔文字が語源とされ、軽い調子の文章で用いられる。女子中高生を中心にSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ウレタンゴムの関連情報