コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウレタンフォーム urethane foam

大辞林 第三版の解説

ウレタンフォーム【urethane foam】

ポリウレタンを原料とする多孔性の合成ゴム。断熱材・吸音材とするほか、寝具などに使う。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ウレタンフォーム

内部に気泡を保留させた多孔質ポリウレタン。生成過程で発生するガスを保留させたもの。一般に非常に軽量で,断熱性,防音性にすぐれ,硬質のものから軟質のものまでバリエーションがありマットレスやシートなどのクッション材,冷蔵庫LNGタンカー断熱材,その他防音材,包装用パッキング材などに広く利用される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

栄養・生化学辞典の解説

ウレタンフォーム

 ポリエーテルグリコールとジイソシアナートとの重付加反応でポリウレタンを製造し水を加えて発泡させつつ硬化させたもので,クッション材や包装に用いる.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ウレタンフォーム【polyurethane foam】

ポリウレタンを骨格とする発泡体。ポリウレタンを合成する際,グリコール成分とジイソシアネート成分が水により反応し橋架け結合によって網状化する際に発生するガスを利用して,発泡体をつくる。必要により他の発泡剤や発泡均一化剤が加えられることもある。得られるフォームには,軟質,半硬質,硬質の各種がある。軟質フォームはクッション性(形状復帰性)にすぐれており,マットレス,シートなどに用いられる。硬質フォームは剛性があり,断熱性,低温特性にすぐれているため,冷蔵庫用断熱材が最大の用途である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

ウレタンフォーム

高分子化合物のポリウレタン樹脂から作られる発泡樹脂。軟質のものはクッションやマット、防音・断熱材、衣料材料など、硬質のものは建築物構造材、家具の芯材などに使われる。◇和製語。「ポリウレタン(polyurethane)+フォーム(foam)」から。

出典|講談社家とインテリアの用語がわかる辞典について | 情報

ウレタンフォームの関連キーワードファイヤーストーン・タイヤ・アンド・ラバーイノアックコーポレーションスコット・ペーパーブリヂストン(株)フォームラミネート東洋クオリティワンフロン代替化合物ボンディング加工フォームラバードレッシング材ブリヂストン高分子化合物ボンディングウレタンゴム林フェルトサーフィン日本アクア湿潤療法日清紡績クラボウ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ウレタンフォームの関連情報