コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウード ウードEudes; Odo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウード
Eudes; Odo

[生]860?
[没]898.1.1. ラフェール
パリ伯,西フランク王 (在位 888~898) 。オドとも呼ばれる。 885~886年のノルマンの侵略に際しパリ防衛に成功し,888年カロリング朝のシャルル3世 (肥満王) に代わって西フランク王となった。しかしフランドルのボールドウィン2世の反抗やアキテーヌにおける反乱に妨害され,ノルマンと妥協し東フランク王アルヌルフの優位を認めた。アキテーヌに滞在中にランスの司教フルクが,893年カロリング朝のシャルル3世 (単純王) を戴冠させたため,2人の王の間で内乱が始まったが,シャルルは敗れてウードの王位を認め,ウードもセーヌとミューズ間の土地をシャルルに与えた。死に際して弟ロベール1世にシャルルを支持するように遺言した。

ウード
`ūd

アラブ諸国,トルコおよびイランで使われる弦鳴楽器。西洋なしを縦割りにした形の寄木細工の胴と,フレットのない短い棹をもつリュート属の撥弦楽器で,腹面には薄い板が張ってある。糸蔵は後方に折れ曲り,糸巻はその両側から横に差込まれる。今日のウードは5~6コースの複弦 (羊腸弦あるいはナイロン) で,基本的に4度関係を保って調弦される。ただしマカームの性格によってはこの調弦法も変りうる。表板の中央よりやや上方に,象牙などの透かし彫で飾った響孔があり,ブリッジ (駒) は表板上に固着される。両者の間に鼈甲などの薄い板でつくった撥面が張られ,奏者は楽器を水平にかかえて,鳥の羽軸の撥を撥面に打ちつけるようにして弦をはじく。ウードは9世紀以来,アラビア古典音楽で最も重んじられた楽器で,古来の音楽理論家はこの楽器によって音階理論やエートス論を展開した。またウードはヨーロッパのリュートの祖先であり,lute (イギリス) ,luth (フランス) ,laud (スペイン) ,Laute (ドイツ) などの名称も,アラビア語 al-`ūdに由来している。なお楽器史では,ササン朝ペルシアのバルバットがウードの原型となったと考えられるので,中国および日本の琵琶とも姉妹関係になる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ウード

アラブ世界のリュート属撥弦楽器。洋梨形でふくらみのある大きな共鳴胴と,糸巻部が後ろにそり返った短い棹をもつ。複弦4〜6コース。フレットはなく,右手に持った小さなバチ(鷲の羽の【かく】,現在はプラスチック製)か指先ではじく。
→関連項目アルワッハーブターラブ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ウード【‘ūd[アラビア]】

アラブ音楽の中心的楽器(イラスト)。ヨーロッパのマンドリン,日本の琵琶と似た形で西洋梨形の胴をもつ弦楽器。木製で,糸巻のある先端半分ほどが後方へ傾斜した柄をもつ。フレットはない。弦はガット,ナイロン,または金属製で,4弦または5組の複弦,あるいは5組の複弦プラス単弦など,数はさまざまである。西アジアから北アフリカまで広く分布し,各地方により少しずつ形や装飾が異なる。調弦法も地域により,大きく分けて2種類のタイプがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ウード【‘ūd】

アラブ・トルコの撥弦楽器。アラブ音楽の基礎となる楽器で、数本の弦を鳥の羽根の軸で作ったばちではじいて奏する。ヨーロッパのリュートの祖型で、中国・日本の琵琶びわと同起源の楽器。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウード
うーど
dアラビア語

アラブ諸国で用いられている撥弦(はつげん)楽器。アラビア語で「木」を意味する。ペルシア起源と考えられ、7世紀には中近東で広く使用されていた。9世紀にイベリア半島に導入され、西洋のリュートの原型となる。一般的な形態は、洋ナシ型の共鳴胴と、フレットのない、糸蔵(いとぐら)が後方に折れた棹(さお)からなり、胴の中央部には透(すかし)彫りのついた響孔、その下方に木板やべっこうの撥面をもつ。この形態は、同じ西アジア起源とされている琵琶(びわ)(ただしフレットなし)と共通する。地域によって弦の数は異なるが、8~14本の弦が2本ずつ同音調律されている場合が多い(たとえばエジプトではG3―A3―D4―G4―C5など)。独奏、合奏、歌の伴奏用に使われるが、フレットがないため微小音程を表出しやすい一方、持続音を出しにくいので、細かい装飾音をつけたり、トレモロ奏法を用いたりして単旋律を奏する。[山田陽一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のウードの言及

【リュート】より

…一方,中近東に生まれたリュートの祖型は,やがてペルシアにおいてとくに盛んになり,バルバットbarbatと呼ばれる楽器へと発達した。古代の末期から中世初期,ササン朝時代に好んで用いられたこの楽器はやがてアラブに伝わり,そこではウードと呼ばれた。711年,イベリア半島に侵攻してここを支配したイスラム教徒は,ウードを携えて行った。…

※「ウード」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ウードの関連キーワードウドン(Jeanイブン・ダーウード・アル・イスファハーニーアブド・アルアジーズ・ブン・サウードアブド・アルアジーズ・ブン・サウードトゥール・ポアティエの戦バイユーのタペストリーロベール・ル・フォールディルイーヤのトライフシャルル3世(単純王)エミール ファウサルフランス史(年表)ウルバヌス(2世)イブン・ラシード家ボールドウィンガズニー朝美術サウジアラビアユーグ・カペーカシーム地区アラビア音楽マグレブ音楽

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ウードの関連情報