ウーマノミクス(英語表記)womenomics

デジタル大辞泉の解説

ウーマノミクス(womenomics)

《women(女性)とeconomics(経済)を組み合わせた造語》就業する女性が増えることによって、企業活動の活性化や消費の拡大といった効果が表れ、社会や経済が活性化するという考え方。女性経済

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

人事労務用語辞典の解説

ウーマノミクス

「ウーマノミクス」とは、「ウーマン」(女性)+「エコノミクス」(経済)を組み合わせた造語。ゴールドマン・サックス証券のチーフ日本株ストラテジストであるキャシー・松井氏が1999年から提唱している概念で、女性の活躍による経済の活性化、働き手としても消費者としても女性のパワーがけん引する経済のあり方を意味します。安倍政権が成長戦略の一環として女性活躍を推進する方針を打ち出したことから、あらためて注目を集めています。
(2013/8/9掲載)

出典 『日本の人事部』人事労務用語辞典について 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ウーマノミクスの関連情報