コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

志田林三郎 しだりんさぶろう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

志田林三郎
しだりんさぶろう

[生]安政2(1855).12.25. 佐賀
[没]1892.1.4.
電気工学者。工部大学校電信科を卒業 (1879) ,イギリスに留学 (80~83) ,グラスゴー大学に学ぶ。帰国するとただちに工部省に入り電信局に勤務,工部大学 (86年東京大学となる) 教授 (83~92) 。 1888年5月7日最初の工学博士 (5名) のなかの1人として学位授与。逓信工務局長 (89) 。明治期の最高の電気工学者であり,電信行政官を兼ねた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

志田林三郎 しだ-りんざぶろう

1856*-1892 明治時代の電気工学者。
安政2年12月25日生まれ。イギリスのグラスゴー大留学後,明治16年工部権少技長兼工部大学校教授となる。のち逓信省工務局長兼帝国大学教授,東京電信学校長をつとめた。電流自記機を発明。伝導方式による無線通信実験をおこない,電信・電話事業の基礎をつくった。明治25年1月4日死去。38歳。肥前小城郡(佐賀県)出身。工部大学校卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

志田林三郎

没年:明治25.1.4(1892)
生年:安政2.12.25(1856.2.1)
明治期の電気工学者。佐賀藩の下級武士の家に生まれ,数学に長じ,神童の誉れが高かった。明治4(1871)年に東京に留学,5年に工部寮に入学,電信の理論と実際を修め,工部大学校としての第1回卒業生となる。在学中の8年にイタリア歌劇団が来日し工部寮の教室を借りてパーティを開いたとき,教授のエアトンの指導のもとで,電池を使って電灯をつけたが,これが日本における最初の電灯試験ということになっている。そののち13年に英国に留学,グラスゴー大学で優秀な成績を収めた。16年に帰国後は工部大学校教授,逓信省での仕事も兼ね,この間電信・電話業務の基礎を築き,また電気学会を設立するなど,日本の電信・電話事業に大きな貢献をした。

(村上陽一郎)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しだりんざぶろう【志田林三郎】

1855‐90(安政2‐明治23)
日本で最初の電気工学教授で,電気学会創立の主唱者。佐賀県に生まれ,工部省工学寮(のちの工部大学校・東京帝国大学工学部電信科)でW.E.エアトンに学んだ。1879年に電信科第1回生として卒業した。続いて外遊し,80年にグラスゴー大学に入学してケルビンLord Kelvinに学び,81年のパリ電気博覧会を視察した。83年に帰国して工部大学校電信科教授となった。88年に電気学会を創立し,幹事としてその中心となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

しだりんざぶろう【志田林三郎】

1855~1892) 電気工学者。肥前(佐賀県)の生まれ。工部大学校教授。わが国初の工学博士の一人。電気学会創立の主唱者。電信事業の改良に努めたほか、電流自記機を発明。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

志田林三郎
しだりんざぶろう
(1855―1892)

電気工学者。肥前国(佐賀県)の生まれ。佐賀藩英学校に学び、1872年(明治5)工部省工学寮(のち工部大学校と改称)に入学、1879年工部大学校第1回卒業生として電信科をただ1人卒業。この間お雇い外国人教授でイギリス人のエアトンに学び、1880~1883年にはグラスゴー大学に留学してケルビンらに師事した。帰国後、工部権小技長兼工部大学校教授となり、その後、東京大学工科大学教授、東京電信学校校長、逓信(ていしん)省工部局長などを歴任。「電灯線施設法」「電話交換規則」の制定など創草期の電信・電気事業や行政面で活躍した。1886年、通信線を用いない伝導式あるいは誘導式といわれる電気通信(無線電信)試験を隅田(すみだ)川の両岸約100メートルで行ったことは有名。37歳の若さで病没した。[井原 聰]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

志田林三郎の関連キーワードニコライ田中鶴吉村田清風ニコライイギリス映画淮河グスタフ5世首都圏直下地震無縁仏北方領土

志田林三郎の関連情報