コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

志田林三郎 しだりんさぶろう

6件 の用語解説(志田林三郎の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

志田林三郎
しだりんさぶろう

[生]安政2(1855).12.25. 佐賀
[没]1892.1.4.
電気工学者。工部大学校電信科を卒業 (1879) ,イギリスに留学 (80~83) ,グラスゴー大学に学ぶ。帰国するとただちに工部省に入り電信局に勤務,工部大学 (86年東京大学となる) 教授 (83~92) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

志田林三郎 しだ-りんざぶろう

1856*-1892 明治時代の電気工学者。
安政2年12月25日生まれ。イギリスのグラスゴー大留学後,明治16年工部権少技長兼工部大学校教授となる。のち逓信省工務局長兼帝国大学教授,東京電信学校長をつとめた。電流自記機を発明。伝導方式による無線通信実験をおこない,電信・電話事業の基礎をつくった。明治25年1月4日死去。38歳。肥前小城郡(佐賀県)出身。工部大学校卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

志田林三郎

没年:明治25.1.4(1892)
生年:安政2.12.25(1856.2.1)
明治期の電気工学者。佐賀藩の下級武士の家に生まれ,数学に長じ,神童の誉れが高かった。明治4(1871)年に東京に留学,5年に工部寮に入学,電信の理論と実際を修め,工部大学校としての第1回卒業生となる。在学中の8年にイタリア歌劇団が来日し工部寮の教室を借りてパーティを開いたとき,教授のエアトンの指導のもとで,電池を使って電灯をつけたが,これが日本における最初の電灯試験ということになっている。そののち13年に英国に留学,グラスゴー大学で優秀な成績を収めた。16年に帰国後は工部大学校教授,逓信省での仕事も兼ね,この間電信・電話業務の基礎を築き,また電気学会を設立するなど,日本の電信・電話事業に大きな貢献をした。

(村上陽一郎)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

しだりんざぶろう【志田林三郎】

1855‐90(安政2‐明治23)
日本で最初の電気工学教授で,電気学会創立の主唱者。佐賀県に生まれ,工部省工学寮(のちの工部大学校・東京帝国大学工学部電信科)でW.E.エアトンに学んだ。1879年に電信科第1回生として卒業した。続いて外遊し,80年にグラスゴー大学に入学してケルビンLord Kelvinに学び,81年のパリ電気博覧会を視察した。83年に帰国して工部大学校電信科教授となった。88年に電気学会を創立し,幹事としてその中心となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

しだりんざぶろう【志田林三郎】

1855~1892) 電気工学者。肥前(佐賀県)の生まれ。工部大学校教授。わが国初の工学博士の一人。電気学会創立の主唱者。電信事業の改良に努めたほか、電流自記機を発明。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

志田林三郎
しだりんざぶろう
(1855―1892)

電気工学者。肥前国(佐賀県)の生まれ。佐賀藩英学校に学び、1872年(明治5)工部省工学寮(のち工部大学校と改称)に入学、1879年工部大学校第1回卒業生として電信科をただ1人卒業。この間お雇い外国人教授でイギリス人のエアトンに学び、1880~1883年にはグラスゴー大学に留学してケルビンらに師事した。帰国後、工部権小技長兼工部大学校教授となり、その後、東京大学工科大学教授、東京電信学校校長、逓信(ていしん)省工部局長などを歴任。「電灯線施設法」「電話交換規則」の制定など創草期の電信・電気事業や行政面で活躍した。1886年、通信線を用いない伝導式あるいは誘導式といわれる電気通信(無線電信)試験を隅田(すみだ)川の両岸約100メートルで行ったことは有名。37歳の若さで病没した。[井原 聰]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

志田林三郎の関連キーワード電気工学下士鳳秀太郎青柳栄司荒川文六岩片秀雄神田選吉福田節雄百田貞次山本勇

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone