コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エウボイア島 エウボイアトウ

デジタル大辞泉の解説

エウボイア‐とう〔‐タウ〕【エウボイア島】

EuboiaΕύβοιαエビア島の古代名。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エウボイア島
エウボイアとう

エビア島」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エウボイア島
えうぼいあとう
Euboia

ギリシア中部、エーゲ海西部にある同国で2番目に大きい島。ラテン語ではEuboeaと綴(つづ)り、現代ギリシア語ではエビア島vviaとよぶ。別称(英語)ネグロポント島Negropont。ギリシア本土東岸沿いに北西から南東に延びる。長さ約145キロメートル、幅6.5~48キロメートル、面積3655平方キロメートル。島の半分は山がちで、最高峰は中央部にそびえるディルフィス山(1745メートル)。周辺のスキロス島などをあわせてエウボイア県をなし、県の面積は4167平方キロメートル、人口22万0500(2003推計)。県都はカルキス。幅40メートルのエブリポス海峡上を、カルキスからの橋が島と本土とを結ぶ。褐炭、マグネシウム、大理石などを産する。本土に面する西岸は良港と沃野(よくや)に恵まれ、ブドウ、オリーブ、柑橘(かんきつ)類、小麦の栽培が盛ん。島名は「牛に優れた地」の意味をもち、古くから畜産も盛んである。[真下とも子]

歴史

紀元前三千年紀中ごろ以来の遺跡レフカンディがあるが、前二千年紀初め以降はイオニア人の居住地となった。前8世紀ごろからカルキス、エレトリア以下のポリスが生まれ、活発な植民活動を行った。前490年、カリストスとエレトリアはペルシア軍に破壊されたが、サラミスの海戦、プラタイアイの戦いには、エウボイア人もペルシア軍と戦った。デロス同盟に加盟し、前5世紀末にエウボイア同盟を結成したが、カイロネイアの戦いののちマケドニアに支配され、前146年以降はローマの属州に組み込まれた。以後ベネチア、オスマン・トルコ帝国の支配を受け、1832年よりギリシア領。[清永昭次]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

エウボイア島の関連キーワードポセイドン[アルテミシオン]ディオン・クリュソストモスレッジョディカラブリアアルテミシオンの戦いレランチンの戦いマラトンの戦いレスボス[島]トロフォニオスペルシア戦争アンドロス島アルキロコスリュコフロンイオニア方言ギリシア史ポセイドンエレトリアギリシアオロポスカルキスハルキス

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android