コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エコカー エコカー

2件 の用語解説(エコカーの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

エコ‐カー

《〈和〉eco+car》環境への負担が少ない車の総称。従来のエンジンの改良、電気自動車、エンジンと電気モーターハイブリッドなどが試みられている。エコロジーカー。環境対応車

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エコカー
えこかー
clean carfuel efficient vehicles

二酸化炭素(CO2)や窒素酸化物(NOx)などの排出量が少なく、燃費もよい自動車。環境対応車ともいう。エコロジー(環境)とエコノミー(節約)の性格をあわせもつため、エコカーとよばれる。エンジンとモーターの両方を動力源とするハイブリッド車のほか、電気自動車、燃料電池車などの総称でもある。環境意識の高まりなどを背景に、2009年(平成21)現在、日本をはじめ欧米で本格的に普及しつつある。
 エコカーは、(1)エンジンを使わない自動車、(2)エンジンとモーターを組み合わせたハイブリッド車、(3)エンジンの環境性能を向上させた自動車、の3種類に大きく分かれる。エンジンを使わない車には、電気自動車と燃料電池車がある。電気自動車は小型で軽量なリチウムイオンなどの電池を搭載し、電池に蓄えた電気を動力としてモーターで走行する。燃料電池車は水素を搭載し、空気中の酸素と反応させて電気をつくり、モーターで走る。ハイブリッド車には、街角や家庭の充電設備で充電できるプラグイン型がある。既存のエンジン能力を向上させるタイプには、軽油などを燃料とする低公害型ディーゼル車などがある。
 エコカー開発では、日本のメーカーが世界最先端を走っており、自動車会社と電機会社との連携や共同開発が進んでいる。1997年(平成9)には、トヨタ自動車が世界初の量産型ハイブリッド車プリウスを発売、2009年にはホンダが価格200万円を切るハイブリッド車インサイトを売り出して話題となった。三菱自動車も2009年夏に電気自動車アイミーブを販売。2010年からは燃料電池車も実用化される予定。
 世界同時不況の景気刺激策として、日本をはじめ欧米各国が次世代自動車として期待されるエコカーの普及を後押しする税制優遇策や補助金を相次いで導入した。2020年には日本国内だけで、ハイブリッド車、電気自動車、燃料電池車をあわせた普及台数が1000万台を超えるとの試算も出ている。[矢野 武]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エコカーの関連キーワードカーステレオcar.エコシティーオートローン心優しい生優しいハイソカービスタカーecoカードベロタクシー

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

エコカーの関連情報