コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エコノミークラス症候群 えこのみーくらすしょうこうぐんeconomy class syndrome

知恵蔵の解説

エコノミークラス症候群

飛行機の狭い座席に長時間座っていた乗客が、機から降りた直後に倒れる病気。ロングフライト血栓症ともいう。静脈に血の塊ができ、その血栓が肺に詰まって呼吸困難や心肺停止を招く肺塞栓症(肺動脈血栓塞栓症)を起こす。飛行中の航空機内は湿度が20%程度まで低くなり、体の水分が失われやすい。また、0.8気圧程度までしかならず、1500m級の山にいるのと同じ状態となる。これらの条件から血液の流れが悪くなり、血栓ができやすくなる。機中で尿が出やすくなるアルコールやコーヒーを飲んで、さらに水分が失われる。こうして足にできた血栓が、着陸後に動き出した途端に血流に乗って肺に入り、肺の血管をふさいでしまうことから発症する。航空医学研究センターによると、国内でのエコノミークラス症候群の報告例は1995〜2001年で30数件。海外に比べて対応が遅れていた日本の航空会社も、対策を本格化させ始めた。医師は「十分な水分をとり、適度に足を動かすことで予防できる」と説明している。

(平栗大地 朝日新聞記者 / 松村北斗 朝日新聞記者 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

エコノミークラス症候群

飛行機などの狭い座席に長時間座っていた乗客らに起きる疾病。筋肉を動かさずにいることで、脚の静脈内の血液の流れが悪くなって血栓が発生する。肺に到達して呼吸困難や心肺停止状態(肺塞栓〈そくせん〉症)を引き起こし、最悪の場合、死に至る。英医学誌「ランセット」掲載の論文では、60歳前後の男女が片道8時間以上の飛行時間を往復した場合、1割の乗客で下肢静脈内に血栓の発生が確認されたという。

(2006-01-10 朝日新聞 夕刊 2社会)

エコノミークラス症候群

厚生労働省によると、長時間、同じ姿勢で足を動かさずにいると、足の静脈に血栓ができ、肺まで流れて血管を詰まらせる。胸の痛みや息苦しさなどの症状が現れ、死につながることもある。水分を十分にとり、足をこまめに動かすことなどで予防を図る。

(2016-10-31 朝日新聞 朝刊 1総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

デジタル大辞泉の解説

エコノミークラス‐しょうこうぐん〔‐シヤウコウグン〕【エコノミークラス症候群】

狭い座席に長時間座っていることから起きる疾患。足の血管内に血栓ができ、それが肺に流れ込んで胸痛・呼吸困難・心肺停止などの症状を起こし、最悪の場合は死に至る。エコノミー症候群旅行者血栓症。ロングフライト血栓症。
[補説]航空機の狭い座席で起こりやすいことから名づけられたが、広い座席や自動車内などでも、同じ姿勢をとり続ければ同様の症状が現れる。予防のため、足指や足首をこまめに動かすほか、適度な水分をとるのがよいとされる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

エコノミークラスしょうこうぐん【エコノミークラス症候群】

飛行機の座席に、長時間、同じ姿勢で座り続けることによって発生する、深部静脈血栓症(俗に旅行者血栓症)のこと。 ECS 。 → 深部静脈血栓症

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エコノミークラス症候群
えこのみーくらすしょうこうぐん

肺塞栓(そくせん)症(肺動脈血栓塞栓症)の一種。おもに体の深くにある深部静脈にできる血栓が原因になるので、深部静脈血栓症の一部でもある。航空機の狭い座席に長時間同じ姿勢で座っている乗客におこる場合が多いことから、以前は「エコノミークラス症候群」とよばれていたが、かならずしもエコノミー・クラスの座席に限らないとして「ロングフライト血栓症」の呼称が使われるようになった。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

エコノミークラス症候群の関連キーワードTVエコノミー症候群深部静脈血栓症エリオシトリン厚生労働省静脈炎

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

エコノミークラス症候群の関連情報