コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エコー装置(読み)エコーそうち(英語表記)echo machine

世界大百科事典 第2版の解説

エコーそうち【エコー装置 echo machine】

エコーはギリシア神話の森のニンフの名に由来し,本来は山彦のことである。室内音響では,これを反響と名付け,音源から直接に到来した音波に対し,それと聴感上区別できるような時間遅れをもつ反射音波をいう。反響に対し,音が室内の壁や天井,床などで反射を繰り返し全体に響く響きを残響という。しかし,用語の上で両者は混用されており,残響をエコーと俗称することが多い。一般にエコー装置とは人工的に音に残響を付加する装置をいい,リバーブレーターreverbrater,リバーブマシンreverb machineなどとも呼ばれている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android