コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エゾマツ(蝦夷松) エゾマツPicea jezoensis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エゾマツ(蝦夷松)
エゾマツ
Picea jezoensis

マツ科の常緑高木でトウヒ属に属し,マツ属ではない。クロエゾとも呼ばれ,北海道,サハリン,南千島,沿海州などに広く分布する。樹高 40m,直径 1m以上に達するものもあり,樹形が雄大なため庭園にも植えられる。樹皮は黒褐色で,やや厚く不規則な鱗片状にはげる。若い枝は淡黄色。葉は平たい線形で,長さ2~2.5cm,枝の周囲に密生する。葉の本来の表面には2列の白線にみえる気孔帯があり,裏面のようにみえ,また本来の裏面は濃緑色でつやがあり,表面のようにみえる。球果は長さ5~8cmの長楕円体形の松かさ状で垂れ下がってつく。熟しても包鱗や種鱗が軸から離れない。材は白色で樹脂の含有量が少く,また木繊維が長いため,トドマツアカエゾマツなどとともに,日本における最も重要なパルプ用材である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

エゾマツ(蝦夷松)の関連キーワードマツ科

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android