コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エゾマツ(蝦夷松) エゾマツPicea jezoensis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エゾマツ(蝦夷松)
エゾマツ
Picea jezoensis

マツ科の常緑高木でトウヒ属に属し,マツ属ではない。クロエゾとも呼ばれ,北海道,サハリン,南千島,沿海州などに広く分布する。樹高 40m,直径 1m以上に達するものもあり,樹形が雄大なため庭園にも植えられる。樹皮は黒褐色で,やや厚く不規則な鱗片状にはげる。若い枝は淡黄色。葉は平たい線形で,長さ2~2.5cm,枝の周囲に密生する。葉の本来の表面には2列の白線にみえる気孔帯があり,裏面のようにみえ,また本来の裏面は濃緑色でつやがあり,表面のようにみえる。球果は長さ5~8cmの長楕円体形の松かさ状で垂れ下がってつく。熟しても包鱗や種鱗が軸から離れない。材は白色で樹脂の含有量が少く,また木繊維が長いため,トドマツアカエゾマツなどとともに,日本における最も重要なパルプ用材である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

エゾマツ(蝦夷松)の関連キーワードマツ科

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android