コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エタノールアミン エタノールアミンethanolamine

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エタノールアミン
ethanolamine

β-アミノエチルアルコール,アミノエチルアルコールコラミンともいう。化学式 H2NCH2CH2OH 。エチレンオキシドアンモニアとの反応によって得られる。アンモニア臭のある粘稠性,吸湿性液体。沸点 170℃,エーテルに難溶,水,エチルアルコールに溶ける。アミンとアルコールの両方の反応を示す。塩基性で二酸化炭素硫化水素などの酸性ガスを吸収する。脂肪酸と反応してエステルを生成する。これは水,油によく溶け,乳化剤として用いられる。エタノールアミンには,ほかにジエタノールアミン,トリエタノールアミンがあるが,単にエタノールアミンといえば,これらの化合物は除外される。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

栄養・生化学辞典の解説

エタノールアミン

 C2H7NO (mw61.08).H2NCH2CH2OH.ヒドロキシエチルアミンともいう.リン脂質の成分として生体膜にある.強いアミン臭をもち,常温で液体.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

エタノールアミン【Äthanolamin】

エチレン-オキシドと濃アンモニア水との反応によって得られる、モノ-エタノールアミン HOC2H4NH2・ジ-エタノールアミン (HOC2H42NH・トリ-エタノールアミン (HOC2H43N の総称。いずれも無色の液体または固体で、水を吸って粘稠ねんちゆうな液体となる。二酸化炭素・硫化水素・二酸化窒素の吸収剤、フェノールの抽出用溶媒として用いるほか、中性石鹼・乳化剤・界面活性剤の製造原料。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

エタノールアミンの関連情報